« 本社お台場移転絡みの暴力団関係者介入で、フジテレビに重大関心を寄せる当局 | トップページ | 「詐欺商法」と会見された、同じ外国特派員協会で記者会見したセブンイレブン »

2005.10.05

仮処分事件、パシコン・荒木民生代表抗告せず、本紙・山岡勝訴が確定

本ブログの、パシコン・荒木民生代表の特別背任疑惑を始めとするすべての関連記事を削除せよとの仮処分申立事件に関し、裁判所は9月21日に決定を下した。そして、本紙・山岡側に勝訴の内容であったことは既報の通りだ。
 とはいえ、その決定に不満な場合、荒木代表は抗告することができた。
 そして、荒木代表は山岡の本ブログでの指摘はすべてデタラメと主張している以上、抗告という権利を行使しないはずがないと見られていた。ところが、行使できるのは決定から14日以内なのだが、その最終日である本日になっても、荒木代表は手続きを取らなかったため、先の決定が確定した。
 2005年10月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 本社お台場移転絡みの暴力団関係者介入で、フジテレビに重大関心を寄せる当局 | トップページ | 「詐欺商法」と会見された、同じ外国特派員協会で記者会見したセブンイレブン »

コメント

荒木社長は、心ない司法判断に心を痛め、抗告する気力さえ無くなってしまったのでしょうか。
悪が善を笑う、こんなことがまかり通って良いのでしょうか。
いやしかし、我々パシコンとパシコングループの社員は、荒木社長の濡れ衣を晴らすべく、そしてPCKK社長復帰を実現すべく、これからも勇往邁進して行こう!!

投稿: パシコン社員 | 2005.10.06 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/6270397

この記事へのトラックバック一覧です: 仮処分事件、パシコン・荒木民生代表抗告せず、本紙・山岡勝訴が確定:

« 本社お台場移転絡みの暴力団関係者介入で、フジテレビに重大関心を寄せる当局 | トップページ | 「詐欺商法」と会見された、同じ外国特派員協会で記者会見したセブンイレブン »