« ミュージシャン岡村靖幸、覚醒剤使用で実刑判決 | トップページ | エイベックスへの街宣右翼、手打ちで逮捕説お流れ。背後に元警視総監関与か? »

2005.10.22

顧客の銀行口座を勝手に停止していた甲府信用金庫

●甲府地裁、債務不履行と信用金庫に支払い命令

 4 こんなことがあっていいのだろうか。
 例えば、あなたが会社社長をやっていて、ある銀行に口座開設していたとする。
 ところが、あなたがまったく知らない間に、銀行側は勝手にその口座利用を停止してしまった。
 そのため、せっかく仕事の代金142万円の入金があったのに、口座に振り込まれなかった。
 そこで、その入金相手はその代金をそっくり法務局に供託した。
 ところが、その142万円は、あなたの前の社長が、自分が代表者と名乗り、そっくり引き出してしまった。
 そこで、あなたは無断で口座を停止され、本来、振り込まれるはずの142万円を受け取れなかったとして、その銀行に全額支払いを求めた。
 それにしても、お役所以上にお役所、石橋を叩いても渡らないほど一般には慎重な銀行が、こんな行為に出ることは本来あり得ない。
 それを解くカギは、銀行側が前の会社代表者と懇意で、その人物が問題の銀行口座を自分が本当の代表者だとして、自分名義に代えてくれと依頼。これに対し、甲府信金は名義こそ代えなかったものの、口座を停止したという経緯があった。
「そもそも、問題の口座に142万円の入金があると、甲府信金が前の代表者に伝えていたことが裁判では明らかになっている。この会社は業績が悪く、前の代表者が退いた。ところが、いまの社長になって業績が回復するや、前の代表者は退いたことが惜しくなり、自分が本当の代表者だと名乗って代表権を巡る民事訴訟になっていた。1審では前の代表者が勝ったものの、控訴審では現代表が逆転勝訴し、判決は確定しています」(事情通)
 つまり、前の代表者と信金は親しかったことから、本来、あり得ないこの行動に出たようなのだ。
 だが、そんな事情、情実でルールを犯されては、顧客はたまったものではない。おちおち、銀行に安心して口座管理さえ任せられないではないか。
 2005年10月22日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ミュージシャン岡村靖幸、覚醒剤使用で実刑判決 | トップページ | エイベックスへの街宣右翼、手打ちで逮捕説お流れ。背後に元警視総監関与か? »

コメント

村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ
村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ
村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ
村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ
村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ
村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ
村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ
村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ
村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ
村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ  村上世彰を殺せ

投稿: 革命戦線ギロチンファミリー | 2005.10.25 18:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/6521323

この記事へのトラックバック一覧です: 顧客の銀行口座を勝手に停止していた甲府信用金庫:

« ミュージシャン岡村靖幸、覚醒剤使用で実刑判決 | トップページ | エイベックスへの街宣右翼、手打ちで逮捕説お流れ。背後に元警視総監関与か? »