« 明日発売の経済誌で、マンション基礎杭欠陥疑惑を徹底追及 | トップページ | <気まぐれコラム> »

2005.09.30

パシコン・荒木民生代表の本紙記事削除要請を、裁判所が退ける決定⑤ 

●公益性も完全に認める

 この連載、裁判所が認めてくれた「真実性」について、決定文より3回に渡り取り上げて来た
 そして、「公益性」に関しても以下のように認めてくれた(決定文より)。

債権者(=荒木民生。本紙・注)は、本件各表現は債権者に対する個人攻撃であり公益目的によるものではない、個人攻撃目的であることは、債務者(=本紙・山岡。同)が、本件ホームページに、債務者宅の放火は債権者によるものだと指摘する記事を掲載した事実からも認められると主張する。
 2005年9月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 明日発売の経済誌で、マンション基礎杭欠陥疑惑を徹底追及 | トップページ | <気まぐれコラム> »

コメント

だから、一度全文掲載してから説明してくださいよ。
一部分を都合よく抜き出して印象操作をするのは
マスコミの十八番ですが、どうもその気配が濃厚ですね。
せいぜい10ページ前後のものだと思いますので、全部スキャンしてもたいした手間ではないと思うんですけどね。

投稿: 山田 | 2005.10.01 00:48

この件をもって、司法は「全くあてにならない」ということがよくわかりましたね。
「表」のものを無理矢理「裏」と言った感が拭えないのは、私だけではないはず。
不当な判決を返上すべく、社員全員で闘おう!期初の社長挨拶の後、徹底抗議の強い意志を示すために、各本支社でシュプレヒコールをこだまさせよう!!

投稿: パシコン一社員 | 2005.09.30 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/6189120

この記事へのトラックバック一覧です: パシコン・荒木民生代表の本紙記事削除要請を、裁判所が退ける決定⑤ :

« 明日発売の経済誌で、マンション基礎杭欠陥疑惑を徹底追及 | トップページ | <気まぐれコラム> »