« 「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)(38)  「イケメン」と「美女」の国 | トップページ | シティバンクPB営業員が、他行PB部門から引っ張りだこの奇怪 »

2005.09.25

総選挙における学会の裏側

 先の総選挙で、創価学会に関して2つのエピソードを紹介しておく。
 一つは、郵政民営化に反対したため、 “刺客”を送られ、落選した小林興起氏の選挙区に関して。
 選挙結果は、以下のように、“刺客”の圧勝だったのはご存知の通り。

○当選 小池百合子(自民)    106,815
     鮫島宗明  (民主)      50,233
小林興起  (新党日本)   36,785

そして、小林氏は民主党の鮫島候補にまで負けてしまったわけだが、これだけの票差が付いた背景には、以下のような学会員の暗躍があったというのだ。
「前回の総選挙でも自公は選挙協力していた関係から、学会側に小林氏の後援者名簿が渡っていた。そこで、学会側はその名簿を元に、有力な後援者の会社や自宅付近に学会員を張り付かせ、小林氏の運動員などが選挙要請に訪ねて来ると、取り囲み、追い返した。その露骨な選挙妨害に怒った運動員との間でもみ合いになり、近所の者がパトカーを呼び、事が発覚した。もちろん、学会側は逃げてしまったが……」(当局筋)
 同様の選挙妨害は、同じく落選した八代英太元代議士の選挙区でも行われていたそうだ。
 もう一つは、かつての田中真紀子代議士と組んだ小泉フィーバーの再来ともいわれた、テレビのブラウン管に映し出された小泉首相の先の総選挙期間中、9月4日の街頭での演説に関して。
 この日、小泉首相はJR赤羽駅前、JR池袋東口、光が丘団地内、そして西武新宿線・田無駅前と回って演説した。主催者側発表では、光が丘団地でも、「2年前の総選挙時の1万2000名を上回る1万6000名集まった。過去最高の人だかりだ」などと報じているが、実際は前の3箇所は6000~6500名ほど。そして、田無駅前はその半分の3000名ほどに過ぎなったという。
 2005年9月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)(38)  「イケメン」と「美女」の国 | トップページ | シティバンクPB営業員が、他行PB部門から引っ張りだこの奇怪 »

コメント

postal vote scandal (郵便投票の不正疑惑)イギリス

日本ではなぜか全く報道されていませんが、イギリスでは緩和された
郵便投票の不正疑惑で大騒ぎです。

googleで
「postal vote scandal」
で検索してみて下さい。
25万件もヒットします。それをエキサイトで翻訳してみて下さい。

日本では全く知られていないようで、gooやyahooでは数件しかヒットしません。

労働党は2001年の総選挙の直前に郵便投票制度を緩和した。
今では郵便投票の総数は600万票で投票総数2400万票の25%を占める。

①郵便投票用紙は現住所以外でも受け取りできる→不正請求が頻発。
②郵便局員が投票用紙を盗まれる。
③投函後の用紙が盗まれ書き換えられる
④名前と住所を自己申告するだけで投票できる→別人が勝手に投票

バーミンガム市だけで郵便投票2万票が行方不明


と、まさに不正やり放題の状況のようです。
英国の投票所には「1人一回しか投票できません」と看板が掲げられており、
モラルハザードの状況になっているようだ。日本人は気付いていないだけで、
実際には同じような状況だと思うが、マスコミは完全無視スルーの情報統制だろう。
広告費1500億円のアリコですら情報統制できるのだから。

投稿: sdfa2000 | 2005.10.03 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/6113171

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙における学会の裏側:

» 自公全体主義体制の恐怖 [青天白日]
今回の総選挙に向けて、日本全国でこんなことがおこなわれていたのだろうか。想像するだに恐ろしい。 [続きを読む]

受信: 2005.09.26 21:20

« 「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)(38)  「イケメン」と「美女」の国 | トップページ | シティバンクPB営業員が、他行PB部門から引っ張りだこの奇怪 »