« 某大物女性タレントがその地位を築けたのは、大阪パチンコ会社社長が1億円持参で売り込みを頼んだお陰 | トップページ | 鹿砦社・松岡社長の初公判、10月17日に決定 »

2005.09.11

<紹介>寺澤有氏がニュースブログを立ち上げる

 本紙でも、記者クラブの在り方を問うて国を提訴した「記者クラブ訴訟」で何度も紹介、そして、武富士事件では共闘して来たフリーライター仲間の寺澤有氏が、9月9日、ニュースブログを立ち上げた
  特に警察の不正情報に強く、これまで寺澤氏の記事が契機となり、首になった警官は数知れず。警視庁本庁からは「出入り禁止」、「敷地内に一歩入っただけで逮捕」とまで恐れられているほど。記者仲間の間では誰もが知るカリスマ的御仁。とはいえ、1967年生まれとまだまだ若い。警察の他、検察、裁判所、会計検査院など、聖域になりがちな組織の腐敗を単行本の他、『週刊現代』、『フライデー』、『週刊プレイボーイ』『フラッシュ』等で徹底追及している。
 2005年9月11日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 某大物女性タレントがその地位を築けたのは、大阪パチンコ会社社長が1億円持参で売り込みを頼んだお陰 | トップページ | 鹿砦社・松岡社長の初公判、10月17日に決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5895292

この記事へのトラックバック一覧です: <紹介>寺澤有氏がニュースブログを立ち上げる:

» 611F駅通り殺傷事件:その後――我々はノーリターンポイントを越えたのだろうか? [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
無法警察都市Fで祝う法治国家感謝デーの長い一日:実録 F駅通り殺人事件の続編.タイトルは高察官K氏の助言によりF駅通り殺人事件を改めF駅通り殺傷事件とした.冒頭2パラグラフ18行は個人的記述に過ぎるので割愛した. 状況はとてもとても悪くなっている.611F駅通り殺傷事件に関する情報は完全に封止され,あたかも事件そのものが存在しなかったかのような不可解な外観を呈しているが,予測された通り,身近に見聞きする限りでも関西系の浸透は堰を切ったような水勢である.破竹の勢いとはこれを言うのだろう.関西系は... [続きを読む]

受信: 2005.09.15 20:04

» (きょうの赤旗)共産党VS公安警察 どっちもどっち [悪魔の辞典+ 衆議院選分析に、笑える査問録音公開中]
3面、公安警察が最近相次いでいるビラ弾圧事件の裏にいるという指摘。ま、その通りなんだが、それが通用するようになってきたのは、ほかならぬ大衆がビラ、チラシ類をまく人をゴミまき野郎と思うようになってきつつある由々しき変化も背景にある。だからといって弾....... [続きを読む]

受信: 2005.09.16 13:23

« 某大物女性タレントがその地位を築けたのは、大阪パチンコ会社社長が1億円持参で売り込みを頼んだお陰 | トップページ | 鹿砦社・松岡社長の初公判、10月17日に決定 »