« 大手コンビニ会社の詐欺的商法ーー記者会見で告発 | トップページ | <気まぐれコラム> »

2005.09.19

「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)(37) 世界で最も「性に大らかな国」 

警察の不祥事が相次いでいる日本だが、ここにきて、警察官による“性的事件”が急増している。滋賀県警は16日、取り調べ中の女性にわいせつな行為をしたとして、県警高島署刑事課の巡査部長、今村円容疑者(34)を特5別公務員暴行陵虐容疑で逮捕した。5月には、四谷署組織犯罪対策課の警部補(52)が、刑事事件で逮捕された後に起訴猶予処分を受けて釈放された20代の女性とホテルで性的関係をもった。6月には警視庁組織犯罪対策5課警部補、今井浩之容疑者(44)が、覚せい剤取締法違反の罪で起訴拘置中の20代の女性と取調室で性的関係をもち、特別公務員暴行陵虐容疑で逮捕されている。また、8月には大阪府警の警部補、赤池章好容疑者(49)が、覚せい剤取締法違反容疑などで取り調べ中の女性にわいせつな行為をし、逮捕されている。極めつけはなんといってもこれだろう。神奈川県警泉署巡査長の江渕剛(42)が合鍵を使って留置室に入り、殺人罪などで留置中の女性容疑者(36)と、計7回にわたり性的関係をもった事件である。彼は横浜地裁から懲役3年(求刑懲役5年)を言い渡された。警察官が留置中の容疑者と性的関係を及ぶとは、呆れたものである。だが、これとて氷山の一角に過ぎない。未成年者へのわいせつ行為や痴漢など、マスコミに報じられない事件は数えられないぐらいの量に達している。一般人に至っては、大学教授から政治家、映画監督、タレント、公務員、大手企業社員、医師や弁護士まで、社会的地位、人格を有している男性たちがこぞって、“この手にわいせつ行為”で逮捕されている。でも大丈夫だ。日本では、少々の性的犯罪は“出来心”として大目に見てくれる。実際、初犯での痴漢などは、不起訴か罰金刑で釈放される場合が多い。先進国の中で日本が最も、性的犯罪に寛大な国というのも、頷ける。8月、ダラスからボストンへ向かうデルタ航空の機内で、隣に座った女性に猥褻行為をしたとして、加害者である男(会社重役55歳)に懲役7年の刑が言い渡された。男は隣の席で眠っている女性(22歳)に毛布を被せてシートベルトを外し、さらにズボンのボタンをはずして女性の秘部を触った。これに気付いた女性は、男の手を振り払って機内後部へ逃げ、客室乗務員に説明した。機内には仕事を終えて帰宅途中だった米シークレット・サービス員4名が乗り合わせていたことから、乗務員は彼らに報告。男はボストン空港で待ち構えていた警察に、逮捕された。彼は「こんな女性は知らない」と主張したが、手の皮膚細胞に被害者女性のDNAが大量に付着していることが判明、これが動かぬ証拠となった。男は懲役刑に加え、出所後も2年間は警察の監督下に置かれる。隣席の女性に手を出した刑が懲役7年、保護観察2年とは、日本では考えられない重過ぎる刑である。これと同じような事件が日本で起きた場合、日本の裁判所は懲役1~2年…、いや、執行猶予となるだろう。無理もない。日本という国では男性のシンボル、女性の陰部を形とった木彫りが“神様”として祀られ、それを女性アナが撫でながら茶の間に紹介する。そればかりか、未成年者の売春が“援助交際”として堂々と行われているに至っては、これほど性に大らかな国は他にないようだ。ギリシャやローマが滅びる時にも「性の乱れ」が社会を覆ったが、「女の裸に羞恥心を感じなく社会は末世の兆し」といわれている。日本の末世がそこまで、きているようだ。

|

« 大手コンビニ会社の詐欺的商法ーー記者会見で告発 | トップページ | <気まぐれコラム> »

コメント

まあ、堕胎をする産婦人科医が原理主義者に殺されたり、強姦犯で収監されるのが0.2%だったりする国の人間に「性」について説教されたくはありませんな。

投稿: Tammy | 2005.09.21 23:30

世界から日本は変わっている、おかしいなどという論調はもうしないでもらいたい。この人のコラムは朝日新聞と同じく日本人に自虐意識を植え付ける悪質な洗脳だ。
どれだけ日本をコケにすれば気が済むのだろうか。
性的不道徳な連中はどこの国でもいるだろう。
聖職者にもそのような人間が多いようだが、 アメリカも例外ではないだろう。

投稿: ewrwdfwf | 2005.09.21 08:41

>「性犯罪に寛容」と「性に開放的」なのは論点が違いますよ

確かに、見当違いの指摘をなさってる方が散見されますね

投稿: プギャー | 2005.09.20 02:27

 
 米国・米国人が、日本の性犯罪“寛容”について偉そうなことを言う資格
はあるのですか?
 米兵犯罪は、特にそれの性犯罪は深刻な社会問題でしょう。しかも、奴ら
は治外法権扱いですし・・・・。
 
>未成年者の売春が“援助交際”として堂々と行われているに至っては

 売春とは、事前にOKを出してイチャイチャと睦まじくセックスすること
でしょう。そんなことに目くじらを立てるのであれば、事前にOKを出して
いなくて悲痛な思いをしながら陵辱されることに耐える強姦こそ問題視する
べきでしょう。
 それに、未成年者のセックスを問題視する理由は、未成年者が精神的にも
肉体的にも未熟だからでしょう。それならば、幼稚園児程度の判断能力もない
知的障害者のセックスこそ、問題視するべきだと思います。知的障害者との
セックスを、ほのぼのと牧歌的に書き記した『セックスボランティア』(新潮社)
などは悪趣味そのものではないのですか?
 

投稿: 正樹 | 2005.09.19 23:02

「性犯罪に寛容」と「性に開放的」なのは論点が違いますよ(プッ

投稿: もじお | 2005.09.19 22:40

御神体(金精さまかな?)と援助交際を同列に置くのもどうかと思いますが。
今回は論法が強引すぎますね。

投稿: jk | 2005.09.19 21:28

それは違うでしょう。米国が厳しすぎるだけ。日本は決して性犯罪に寛容な国家ではない。
たとえば、東欧、中欧、南米と較べてみれば、それらの国が性に開放的(ほとんどの女性がアナルまで行うし、米国やヨーロッパのポルノ女優もほとんどが、東欧から来ている)なだけでなく、性犯罪にも寛容なことは調べればすぐ分かるのだが。

投稿: sick | 2005.09.19 13:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/6009713

この記事へのトラックバック一覧です: 「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)(37) 世界で最も「性に大らかな国」 :

» 中島美嘉の全裸生着替え盗撮映像流出!!【動画発見】 [中島美嘉の全裸生着替え盗撮映像流出!!【動画発見】]
東スポで一面を飾ったのが人気歌姫の中島美嘉のセクシー全裸極秘盗撮映像! 『これ... [続きを読む]

受信: 2007.09.28 19:05

« 大手コンビニ会社の詐欺的商法ーー記者会見で告発 | トップページ | <気まぐれコラム> »