« パシコン本社横の疑惑の土地絡みで、さらに3000万円得ていた荒木ファミリー企業 | トップページ | 本紙既報の覚醒剤使用“芸能人”とは岡村靖幸 »

2005.09.09

どうなる? パシコン疑惑の土地巡る調停の行方

 5 関係者の証言等により、パシコン・荒木民生代表の特別背任疑惑の舞台となっている問題のパシコン本社横の土地(東京都多摩市)の所有者である不動産会社「東栄住宅」(東証1部上場)は、前の所有者である「DML」、並びに「サザン企画」側に対し買い戻しを求めて簡易裁判所に民事調停を申立て、現在、話し合いが行われていることが明らかになった。
 2005年9月9日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« パシコン本社横の疑惑の土地絡みで、さらに3000万円得ていた荒木ファミリー企業 | トップページ | 本紙既報の覚醒剤使用“芸能人”とは岡村靖幸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5855385

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる? パシコン疑惑の土地巡る調停の行方:

» 9・11衆院選挙最終予想結果 [為替王]
為替王倶楽部で実施しておりました衆院選挙予想アンケートの最終結果を発表します。 自民党単独政権を望む人:約50% 自公連立政権の継続を望む人:約17% 民主党単独政権を望む人:約10% 民主党中心の連立政権を望む人:約19% 自分が投票したい、期待したい....... [続きを読む]

受信: 2005.09.10 15:01

« パシコン本社横の疑惑の土地絡みで、さらに3000万円得ていた荒木ファミリー企業 | トップページ | 本紙既報の覚醒剤使用“芸能人”とは岡村靖幸 »