« 武富士天下り元警官が本紙・山岡を刑事告訴している件、事情聴取終わり、いよいよ検察の判断を待つ段階へーー | トップページ | パシコン・荒木民生代表は、そもそも所有権のない者とコンサルタント契約を結んでいたのか!? »

2005.08.30

「慧光塾」、存続の方向

 本紙で何度も報じて来た、宗教、否、オカルトめいた謎の経営コンサルタント「慧光塾(えこうじゅく)」。
 安倍晋三前衆議院議員も熱心な“信者”だったことから、本紙は強い関心を持っていた。
 ところが、その“教祖”、光永仁義氏が去る7月13日に死去したことから、同社の行方が注目されていた。
 未だに死因についてはよくわからないのだが、ここに来て、どうやら、幹部だったH女史か長男を代表に据え、存続を図るようだ。
 ある関係者は、こう証言する。
「コンサルタント業以上に、今後は、いま販売している“奇跡の水”の販売に力を入れると聞いています。でも、後継者にも霊力はあるんですかねえ?」
 その水とは、かつて『週刊ポスト』(04年6月11日)が報じた「若返りの水」を指すようだ。
 2005年8月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 武富士天下り元警官が本紙・山岡を刑事告訴している件、事情聴取終わり、いよいよ検察の判断を待つ段階へーー | トップページ | パシコン・荒木民生代表は、そもそも所有権のない者とコンサルタント契約を結んでいたのか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5700896

この記事へのトラックバック一覧です: 「慧光塾」、存続の方向:

« 武富士天下り元警官が本紙・山岡を刑事告訴している件、事情聴取終わり、いよいよ検察の判断を待つ段階へーー | トップページ | パシコン・荒木民生代表は、そもそも所有権のない者とコンサルタント契約を結んでいたのか!? »