« 武富士天下り元警官が本紙・山岡を刑事告訴していた件、事情聴取、再開される | トップページ | <気まぐれコラム> »

2005.08.27

国際協力銀行がOBとの懇談会を開催

●世間の批難の折も折に

 昨8月26日、東京都千代田内のKKRホテル東京(竹橋会館)内の「瑞宝の間」で、国際協力銀行が懇談会を開催した。
 国際協力銀行本店すぐ横、午後6時から7時半にかけてのことだった。
 6 その事実を知ったのは、以下のような投書のお陰だった。
「最近、現役の道路公団副総裁や理事等が官製談合幇助や背任の罪で逮捕されるなどの事件もあり、官民癒着や不正取引の温床とされる特殊法人から民間企業への天下りがにつき世間の批難が益々高まっている折りも折り、特殊法人(政府系金融機関)の一つである国際協力銀行(JBIC)が、何と民間企業等に天下ったOB達を一堂に集めて現職幹部職員らと業務情報等の交換を目的とする懇談会を開催するとの情報を得ましたので、取り急ぎお知らせします」
「本懇談会は、正式な案内がJBIC人事部長名で同行OB及び現職役職員宛てに発出された、同行人事部主催の公式かつ組織的な行事です。しかし、世間では特殊法人から民間企業等への天下りに対する批判がこれ程までに高まっているにも拘わらず、そのような批判などまるでお構い無しの如く、実に平然と国民を挑発・愚弄するかのような天下りOBとの会合を、よりにもよってこのタイミングで実施する神経の図太さには、正直のところ呆れ果てて物も言えません」
「関係者によれば、JBICからは業務上関係の深い融資先大手企業やその関連会社、ODA調査コンサル会社等の民間企業に数多くのOBが天下っている由であり、天下りOBを通じた圧力等を背景に、融資条件に手心を加えたり、業務委託を随意契約で優先的に締結したりと、道路公団に勝るとも劣らない、関連業界との悪質な癒着ぶりが巷間伝えられています。JBICとの癒着が疑われる企業等は、大手総合商社の三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠、丸紅・・・、エンジニアリング会社の東洋エンジニアリング、日揮・・・、製造業の新日鉄、JFE、東芝、石川島播磨重工・・、コンサルティング会社の三菱総研、弁護士事務所のアレン&オバリー外国法律事務所、業界外郭団体・日本プラント協会・等々多岐に亘っているようです」
 同じ構造を持っていると思われる例については、すでに本紙も報じている
 2005年8月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 武富士天下り元警官が本紙・山岡を刑事告訴していた件、事情聴取、再開される | トップページ | <気まぐれコラム> »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5659372

この記事へのトラックバック一覧です: 国際協力銀行がOBとの懇談会を開催:

« 武富士天下り元警官が本紙・山岡を刑事告訴していた件、事情聴取、再開される | トップページ | <気まぐれコラム> »