« 女性社長殺害事件、殺害現場はあの旧ホテル三條苑 | トップページ | パシコン・荒木民生代表の本紙記事削除仮処分申立、却下が濃厚 »

2005.08.09

森喜朗元首相も関与? 今年もお馴染みメンバーで実施された「ミクロネシア自然体験」ツアー

 この8月も、「少年少女自然体験交流ミクロネシア諸国自然体験」がミクロネシアで実施された。
 100名近い子供が、南の島国・ミクロネシアを訪ね、自然体験をするというもの。
 独立行政法人「国立オリンピック記念青少年交流協会」が実施した。
 だが、昨年まで過去3年間は、森喜朗元首相が会長を務めていた財団法人「世界青少年交流協会」が、前出・交流協会の委託を受けて実施していた。
 ところが、同財団は昨年8月、補助金不正受給などの疑惑が発覚し、解散した。同年9月には、森元首相の大学時代以来の友人である副会長等が補助金詐取容疑で逮捕され、今年5月には執行猶予付きの有罪判決が下りている。
 同財団は少なくとも文科省から約1億7000万円、日本自転車振興会からも約1230万円の補助金が不正に受給し、財団副会長等はその一部をプラズマテレビ購入など私的流用にも当てていた。
 その補助金詐取等の手口は、同財団が主催する国際交流事業において、利用する旅行会社に経費を水増し請求させ、その差額を返還させるというものだった。そのため、国土交通省は昨年12月、この水増し請求に協力していた旅行会社4社の役員を呼び、旅行業法に基づき「警告書」を交付、業務見直しを求めている。
 2005年8月9日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 女性社長殺害事件、殺害現場はあの旧ホテル三條苑 | トップページ | パシコン・荒木民生代表の本紙記事削除仮処分申立、却下が濃厚 »

コメント

森嘉朗首相のツアーについて、現地の方がコメントされています。現地では相当迷惑のようですよ。
アドレスはhttp://www.naturesway.fm/index2.html
アーカイブをご覧下さい。

以下、引用します。

2002年8月1日から7日まで、小学校5年生から中学校2年生の日本の子ども80人がヤップに滞在しました。添乗した大人を含めると100人近い団体です。ヤップにはこれだけの人数を収容できるホテルはありませんし、快適に移動する観光バスもありません。まずこれだけの人数が一気にヤップの空港に降り立ったのも初めてです。いったいどうしてこんなことがおきたのでしょう?ほんとうにヤップのためになったのでしょうか?

ことの始まりは、元日本首相、森嘉郎氏が2000年にチュークを訪れたことにあります。このとき森氏に「ミクロネシアに日本の子どもを連れてくる」アイディアがひらめいたのだそうです。森氏は、財団法人世界青少年交流協会の会長でもあり、この年「子どもゆめ基金」が国会で承認されました。2001年、財団法人世界青少年交流協会に「子どもゆめ基金」から2億9千5百万円が委嘱されました。この委嘱金と参加者から集めた3千3百6拾万円(合計3億2千8百6拾万円!)が、この年の8月に行われた「ジュニアサイエンスクルーズ」で消費されました。2002年度に「子どもゆめ基金」から財団法人世界青少年交流協会に委嘱された金額はまだ不明です。が、今年度の委嘱金を使って企画されたのが、少年少女自然体験交流事業「ミクロネシア諸島自然体験」というプログラムで、ヤップに80人、パラオに80人、チュークに40人、ポンペイに40人の日本の子どもを派遣して、「自然体験」させるというものでした。この事業の主催は、財団法人世界青少年交流協会と独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センターになっていますが、旅行主催は、パラオはJTB、ヤップを含むミクロネシア連邦は日本旅行と、大手旅行会社がシェアする形となっています。国庫の財源、政治家、大手企業、日本の援助を期待する貧しい国、、、この構図、どこかで見たような、、、

さて、日本のお子様にヤップの自然を体験していただくために、地元では大迷惑・大騒ぎを被りました。それを逐一記録し後日このようにレポートしようとした「スーの悪巧み」は、主催者財団法人世界青少年交流協会を震え上がらせたと見えて、遂にスーは制服のお巡りに追い掛け回されるはめになってしまいました(笑)断わっておきますが、スーは「ストーカー」なんかしてませんし、参加の子どもを怖がらせたりもしてませんよ。公共の場所で行われる事業を記録されるのを嫌がることこそ異常ですし、それを「政治力」を使って「権力」で排除させようとした行為は、この団体がどのようなものであるか自ずと語っていますね。

事の顛末は、「独立行政法人国立オリンピック記念青少年総合センター理事長への報告書」を読んでいただければ、だいたい様子がわかると思います。ふうー、、、

投稿: Yappie's friend | 2005.08.10 12:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5385542

この記事へのトラックバック一覧です: 森喜朗元首相も関与? 今年もお馴染みメンバーで実施された「ミクロネシア自然体験」ツアー:

» いきなり、ぶっちまけ [ミクロネシアの小さな島より]
若い頃の私は、ほとんど投票に行かなかった。 政治に関心が無かったわけではない。ただ「何をやっても無駄よ。自民党の体制は変わるわけない、間接民主主義なんて、所詮まやかしよ」という諦めと、政治家全般への軽蔑と不信感。格好よく言えば「積極的不投票」だが、「政治の動向と私の人生は別ね」というお気楽な選択でもあった、と今は思う。 そんな私が変わったのは、いつの頃からだろうか? 上に述べたスタンスのままで、私は日本を後にしてヤップに流れついた。ヤップで気軽にインターネットができるようになったの... [続きを読む]

受信: 2005.10.19 17:29

« 女性社長殺害事件、殺害現場はあの旧ホテル三條苑 | トップページ | パシコン・荒木民生代表の本紙記事削除仮処分申立、却下が濃厚 »