« 『創』が本紙・山岡宅放火事件を大きく報道。思い当たる犯人像にも言及 | トップページ | 郵政民営化法案、自民党参議院“造反”予想議員リスト »

2005.08.06

パシコン内でも、ついに本気で荒木民生代表“追放”へ

●役員有志が8月4日に退任要求も、荒木代表は拒否

 本紙・山岡は、パシコンの国内向け建設コンサルタントの中核企業「パシフィックコンサルタンツ(PCKK)」(本社・東京都多摩市。荒木氏代表)内部から最新情報を得た。
 それは、事、ここに至っても自浄作用を示せない会社に対する複数の社内有志からの悲痛な叫びだった。
 過去の経緯に触れながら述べる。
 今年6月22日付けで、社員有志(発起人)が集まり、PCKKの取締役会に、荒木代表自らが全社員の前で疑惑に対する説明会を開けとの「要求書」を出した。この時の役員会は、荒木代表を今年7月には退任させる旨を匂わせ(議事録には記載するなとの命令あり)、それでもって要求書を差し戻させた。
 それにも拘わらず、実際には、7月29日のPCKK役員会で、PCKKからの荒木退任は54期末(今年9月末)とする旨の一方的な通告があっただけだった。
 こうしたなか、8月3日に例の「毎日新聞」記事が出る
 当然ながら、同記事はパシコン内部を震撼させた。
 8月4日、役員有志との話し合いがもたれ、「インターネット記事ではない。毎日新聞に掲載された以上、社会的責任は免れない。退任してくれ!」と荒木代表に迫った。
 ところが、荒木代表は「PJN(特別背任疑惑のキックバック額の受け皿会社)はパシコングループとは関係ない会社であるし、PPM(パシコンのグループ会社。荒木氏が代表兼務)も新聞のような事実は無い」と毎日新聞に抗議文を提出し、退任要求を退けた。
 2005年8月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 『創』が本紙・山岡宅放火事件を大きく報道。思い当たる犯人像にも言及 | トップページ | 郵政民営化法案、自民党参議院“造反”予想議員リスト »

コメント

パシコンと言えば昔、四国の電波塔の事件とか、自民党への○金とか、懐かしいなあ!
資料どこいっちまったんだろう・・。

投稿: 懐かしい! | 2005.10.26 19:27

Episode VI シャインの復讐

遠い昔、遥か彼方の銀河系で・・・。

ダミオベーダは途方も無い深さのダークサイドに落ちていることが、通信機マイニチによって、銀河の内外に知らしめられた。
それを聞いたパシコン星の有志は、合従聯合の反乱軍を結成し、今まさに、ダミオベーダとの最終決戦に備えるのであった。

しかしダミオベーダも、バカムスコを必死に守り抜くであろうために、この決戦が一筋ならではでないことを予感させていた・・・

投稿: 流糟 譲治 | 2005.08.07 12:12

自浄作用も何も、荒木社長は何もしていないのだから、一体何をしろというのでしょうか。
捏造情報に振り回されている役員や中執(組合)を見ているとかわいそうです。先日の団交を見ていてそれを痛感しました。
一般社員は、ほとんどの者が「社長は無実」と確信しております。これ以上、ありもしない話を出して、我が社の混乱を増幅させるのは止めて頂きたい。

投稿: 社員 | 2005.08.06 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5332932

この記事へのトラックバック一覧です: パシコン内でも、ついに本気で荒木民生代表“追放”へ:

« 『創』が本紙・山岡宅放火事件を大きく報道。思い当たる犯人像にも言及 | トップページ | 郵政民営化法案、自民党参議院“造反”予想議員リスト »