« パシコン・荒木民生代表の特別背任疑惑。いよいよ警視庁が捜査開始へ | トップページ | 『月刊現代』の「NHK番組改変」記事に対する自民党の対応に、弁護士有志等が緊急声明。本日、記者発表も »

2005.08.05

NHKへの政治介入はもはや明らかでは!? 『月刊現代』に掲載された「証言記録」

●やはり「録音テープ」は存在した!?

 23 本紙も関心を持って成り行きを見ていた、例の「番組改変」を巡る朝日新聞とNHKのバトルーーその記事を報じた朝日の本田雅和記者は“証拠テープ”を撮っているに違いないと思っていたが、ついに、そのテープ起こしをしたとしか思えない「証言記録」が表に出た。
 8月1日の『月刊現代』にジャーナリストの魚住昭氏が寄稿した「NHKVS朝日新聞『番組改変』論争ーー『政治介入』の決定的証拠」なるタイトル記事がそれだ。
 この記事中では、あくまで「証言記録」という表現をしている。
 しかし、そこで紹介されているのは取材時のやりとりの完全な会話文。どう考えても、テープ録音したものを文章に起こしたものとしか思えない。
 しかも、この記事に登場する“会話文”は朝日の報道後、証言をひっくり返した松尾武NHK放送総局長(当時)とのものだけではない。安倍晋三官房副長官(同)、中川昭一代議士との会話文も登場する。
 当然と言えば当然だが、本田記者は3名との会話をバッチリ録音していたとしか思えない。
 そして、筆者の魚住氏はその内容からして政治介入は明らかだと結論づけている。
 2005年8月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« パシコン・荒木民生代表の特別背任疑惑。いよいよ警視庁が捜査開始へ | トップページ | 『月刊現代』の「NHK番組改変」記事に対する自民党の対応に、弁護士有志等が緊急声明。本日、記者発表も »

コメント

“やらせ”こそ自殺問題と説いてますが
その朝日新聞は他の“やらせ”が存在してますよ

それに、この問題の原因である疑似裁判の検証が
なされていないことにも疑問を感じます。
なぜ、そこの所に突っ込まないのでしょうか?
朝日にしても、現代にしても、順序が逆なんですがねぇ。
まず、やることをしっかりして欲しいのですが。

投稿: はてな | 2005.08.06 11:08

朝日新聞はこんな姑息な事をしていないで、録音テープを公開すべき、同時にメディアと取材される側の信頼性を根本から崩壊さししめた本田記者を懲戒免職とすべきではないか!
身内の不祥事には、誠意ある対応と厳しい処分を下すことができる、自浄能力のある組織と読者に示すことができ、朝日新聞言論の信頼性を高めこすすれ毀損するものではない。
これは、メディアが常々言っていたことではないか!
テープの公開ができないのは、テープの内容と記事の内容があまりにもかけ離れ、捏造と悪意を持って書かれた言論によるテロ、北朝鮮の工作活動の一環と思われてもしかたのない物であり、それを知りつつ不祥事を隠蔽してしまった自浄能力のなさを曝す事を上層部が恐れてのこと以外ありえない。

「きっこの日記」なるアングラ情報サイトを、ありがたがっている、素人以下の取材能力・分析能力の持ち主のあなたには、理解しろといっても酷かもしれないが。

投稿: zonamosi | 2005.08.05 22:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5317358

この記事へのトラックバック一覧です: NHKへの政治介入はもはや明らかでは!? 『月刊現代』に掲載された「証言記録」:

« パシコン・荒木民生代表の特別背任疑惑。いよいよ警視庁が捜査開始へ | トップページ | 『月刊現代』の「NHK番組改変」記事に対する自民党の対応に、弁護士有志等が緊急声明。本日、記者発表も »