« <資料>ホリエモンの人脈チャート図 | トップページ | 武富士天下り元警官が本紙・山岡を刑事告訴している件、事情聴取終わり、いよいよ検察の判断を待つ段階へーー »

2005.08.29

商品先物取引大手「グローバリー」、愛知県警、証取法違反で近く逮捕へ

●早ければ、投票日前にも 

  本紙で何度も報じて来た「グローバリー」(本社・名古屋市。名証2部)の違法営業ーー前代未聞の3カ月という長きに渡る営業停止処分を受けて、ついに8月5日、主力の先物取引業務から撤退したのはご存じの通り。
 それに先立つ7月1日付けの業績予想修正では、06年3月期の営業収益は前期比約8割減の約27億円、経営赤字は約27億円になる見通しだから、実際の業績はもっと落ち込むことだろう。
 だが、同社にとってさらなる打撃は7月15日、愛知県警が証取法違反で本社など4箇所を家宅捜査しており、その捜査の行方。さる事情通は、こう見る。
「投票日前に何人かの逮捕者が出るのではないか。まずは課長級で、社長がいずれやられるという見方もある。詐欺罪まで視野に入れていたようだが、そこまでは難しい。商品取引所法違反容疑止まりだろう」
 2005年8月29日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <資料>ホリエモンの人脈チャート図 | トップページ | 武富士天下り元警官が本紙・山岡を刑事告訴している件、事情聴取終わり、いよいよ検察の判断を待つ段階へーー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5699422

この記事へのトラックバック一覧です: 商品先物取引大手「グローバリー」、愛知県警、証取法違反で近く逮捕へ:

» グローバリーの話をします [甘く危険な未公開株券の香り]
当Blog、上場銘柄ネタナシが原則ですが、上場廃止に片足突っ込んでる現状をふまえグローバリーはヨシとしましょう。 前回散々書きましたが、それと投資とはまた別です。 さしあたって、目先のネックと言えば①主力事業の撤退②上場廃止③株主優待廃止④経営陣のXデー⑤損....... [続きを読む]

受信: 2005.09.03 08:08

« <資料>ホリエモンの人脈チャート図 | トップページ | 武富士天下り元警官が本紙・山岡を刑事告訴している件、事情聴取終わり、いよいよ検察の判断を待つ段階へーー »