« パシコン疑惑、いよいよ事件化必至 | トップページ | NHKへの政治介入はもはや明らかでは!? 『月刊現代』に掲載された「証言記録」 »

2005.08.04

パシコン・荒木民生代表の特別背任疑惑。いよいよ警視庁が捜査開始へ

 2 本紙は昨日、本紙が昨年末から報道し続けている世界的建設コンサルタントのパシコングループに君臨する荒木民生代表の特別背任疑惑につき、警視庁が捜査を開始する模様と『毎日新聞』が報じたとして、その記事を転載した。
 だが、その記事は毎日新聞社のインターネット上で配信されたもので、実際は冒頭に掲げたように、社会面で一番大きなスペースが割かれ、図入れで解説したかなり詳しい内容だった。 
 特別背任の疑惑内容は、本紙・山岡が月刊経済雑誌『財界展望』の今年3月1日発売号で報じた記事(4P)とまったく同じ。そこで、その記事も併せて転載しておく(一番最後に)。
 さて、この『毎日新聞』記事だが、ただし、本紙の知り得ている限りでは、疑問点もないわけではない。
 そこで、以下、2点について本紙なりの見解を述べておく。
 ①チャート図では「パシフィック・ジャパン・ネットワーク」(PJN)がパシコングループとなっているが、PJNは本紙の認識では同グループではない。パシコンの名前を冠し、いかにも同グループのような社名だが、実際はまったく資本関係にない荒木ファミリー企業である。
 ②還流した額は、「東証一部上場の大手不動産会社」(同記事より=東栄住宅)との間で契約した12億5000万円の内、パシコングループ会社「パシフィック・プログラム・マネージメント(」PPM)」がさらに一部業務委託した「立川市の不動産会社」との間の2億9000万円の内の約2億円となっている。だが、本紙の調べでは1億4500万円。
 なお、この不動産会社の背後には複数の広域暴力団の影が見え隠れしている。
 2005年8月4日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« パシコン疑惑、いよいよ事件化必至 | トップページ | NHKへの政治介入はもはや明らかでは!? 『月刊現代』に掲載された「証言記録」 »

コメント

>>誰が何といおうと、荒木さんは無実ですよ。

本人乙。

投稿: プギャー | 2005.08.08 22:41

捏造者がその模倣に対して「疑問点」とコメントするとは笑止千万ですね。
終いには暴力団まで出てくるのか...。吉本新喜劇じゃないんだから(ワラ
誰が何といおうと、荒木さんは無実ですよ。
これだけは間違いない。

投稿: 社員君 | 2005.08.04 19:35

松岡のこと、応援してくれておおきにな。ジャーナリストでやつの味方してくれるのは山岡さんだけや。奇特な方もいたもんや。松岡が心配やったけど、山岡さんがついてるんなら安心や。わしらはこれで撤退やけど、これからもやつの面倒頼むで。
やつの口の堅さは保障するで。わしらの舎弟だってこと、ずっと言わんかったんやから。人間、だれでも取柄はある。
毛並みの悪い犬やけど、飼い主の手を噛むようなまねはせえへんから安心や。
ほな、頼むで。

投稿: 怪人21面相 | 2005.08.04 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5302701

この記事へのトラックバック一覧です: パシコン・荒木民生代表の特別背任疑惑。いよいよ警視庁が捜査開始へ:

« パシコン疑惑、いよいよ事件化必至 | トップページ | NHKへの政治介入はもはや明らかでは!? 『月刊現代』に掲載された「証言記録」 »