« パシコン内でも、ついに本気で荒木民生代表“追放”へ | トップページ | <記事紹介>「国策借金取り屋」に変質したRCCは解消すべき »

2005.08.06

郵政民営化法案、自民党参議院“造反”予想議員リスト

114

|

« パシコン内でも、ついに本気で荒木民生代表“追放”へ | トップページ | <記事紹介>「国策借金取り屋」に変質したRCCは解消すべき »

コメント

9/11の選挙では国民に背を向けた郵政族議員らを落選させたいものです。

投稿: 落選させるべき議員リスト | 2005.08.08 21:33

鹿砦社がアルゼのライアル会社から資金供与を受けていた話は検察の正式発表のようですから、「取るに足らない噂」ということはないんじゃないですか。事実公表の時期には意図的なものを感じますが、謀略というのは考えすぎかと思います。
「紙の爆弾」では、たしかに山岡氏も鹿砦社支持を表明されていますが、この原稿を書いたのは、この事実が公表される前だったのだと思います。
普段の山岡氏とは違い、印象だけで結論を書いているところには、私も不満を感じました。おそらく、突然の逮捕で、さすがの山岡氏も判断が鈍ったのでしょうが、ジャーナリストとして軽率のそしりは免れないと思います。
山岡氏はこのブログでも、再三、鹿砦社の姿勢に疑問を投げかけていますから、おって、ご自身の立場を明らかにされるはずです。
私としては、これを機に鹿砦社のようなブラックジャーナリズムとはきっぱりと縁を切られることを期待しています。

投稿: 立花浩 | 2005.08.06 23:59

「紙の爆弾」を読みました。新聞等では、鹿砦社がブラックジャーナリズムに染まっていたかのような報道がありましたので、それへの反論を探したのですが、山岡さんをはじめ、どなたもその件には一切触れていません。取るに足らない噂ということなのでしょうか。また、ブラック疑惑は検察側の謀略、情報操作といった可能性があるのでしょうか。
何を信じたらいいのかわからない状況です。続報を期待しています。

投稿: 紙の爆弾の読者 | 2005.08.06 13:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5333453

この記事へのトラックバック一覧です: 郵政民営化法案、自民党参議院“造反”予想議員リスト:

« パシコン内でも、ついに本気で荒木民生代表“追放”へ | トップページ | <記事紹介>「国策借金取り屋」に変質したRCCは解消すべき »