« 郵政民営化法案、自民党参議院“造反”予想議員リスト | トップページ | 先物取引大手グローバリー、上場廃止必至で、遅すぎる金メダリスト・野口選手の移籍 »

2005.08.07

<記事紹介>「国策借金取り屋」に変質したRCCは解消すべき

●フリーライター・北健一氏 『月刊現代』9月号(8月1日発売)記事 

 RCC(整理回収機構)の前身である住宅金融債権管理機構と、中坊公平初代理事長といえば、かつては、借金踏み倒しを確信犯で行っていた住専大口借り手の悪徳企業から借金取立てを強行し、庶民の拍手喝采を浴びたものだ。
 だが、その後、中坊氏は詐欺まがいの取立を指摘され、所属する大阪弁護士会で「懲戒相当」と議決され、弁護士業を自主的に廃業したのはご存じの通り。
 そして、RCCについても、いまや既得権化し、再生すべき企業から無理やり取り立て、破綻に追い込む事例さえ多いとレポートしている。

●タイトル「まるで現代版ベニスの商人ーー老人、中小企業が悲鳴を上げるRCC非情の債権回収」

 北氏は、乱脈融資で破綻した東海信組の破綻債権をRCCが引き継いだ事例等を取り上げ、その非情の債権回収ぶりを浮き彫りにしている。
 同信組の破綻は、岐阜県の協同組合(自己破産)を牛耳っていた元県議(故人)の関連事業が失敗した要因が大きく、また、この関連事業融資を受けるにあたり、同協同組合傘下の64の企業組合を迂回融資させているが、これは、協同組合職員が預かっていた企業組合組合員のハンコを勝手に使い、債務確認公正証書も偽造したものであることが裁判判決でも認められていると紹介している。
 2005年8月7日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 郵政民営化法案、自民党参議院“造反”予想議員リスト | トップページ | 先物取引大手グローバリー、上場廃止必至で、遅すぎる金メダリスト・野口選手の移籍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5348590

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「国策借金取り屋」に変質したRCCは解消すべき:

« 郵政民営化法案、自民党参議院“造反”予想議員リスト | トップページ | 先物取引大手グローバリー、上場廃止必至で、遅すぎる金メダリスト・野口選手の移籍 »