« 建設再開に問題なし!? 江東区の言い分 | トップページ | 審尋終了 本紙VSパシコン・荒木民生氏の関連記事削除仮処分命令申立事件 »

2005.08.25

民間“監視会社”登場で、戦々恐々のサプリメント業界

いまや、お手軽さもあって、また、ネットワークビジネス(マルチ類似商法)で持って、利用者数、消費量とも増える一方の各種サプリメント、健康食品業界。
 もっとも、この「健康食品」という呼び方は“業界用語”に過ぎない。強精剤など、「一般医薬品」とされるものもないではないが、圧倒的多数は「医薬品」、「医薬部外品」のように、お役所(厚労省)のお墨付きをもらっているわけではない。
 それだけに、なかには特定成分を謳いながら、その成分がまったく入ってなかったり、ごく微量に過ぎなかったり、あるいは、有害成分までが含まれているなど、まがい物は数多く出回っているとみられる。
 しかしながら、前述したように、明らかな有害成分はともかく、医薬品でも何でもないため、お役所の目は届かず、野放し状態になっているのが実情だろう。
 ところが、今年に入って、人気の「健康食品」の成分を独自に調査・分析、その結果を公表する民間会社(ただし有料)が登場、しかも、この8月末からは「不合格」商品名を公表するということで、身に覚えのある製造・販売会社は戦々恐々としているようだ。
 その会社とは、
 2005年8月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 建設再開に問題なし!? 江東区の言い分 | トップページ | 審尋終了 本紙VSパシコン・荒木民生氏の関連記事削除仮処分命令申立事件 »

コメント

マルチ反対!

投稿: えの筋 | 2005.08.26 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5635898

この記事へのトラックバック一覧です: 民間“監視会社”登場で、戦々恐々のサプリメント業界:

» タイのダイエット事情に学べ!! [えの筋のアスリート日記]
えの筋のアスリート日記 [続きを読む]

受信: 2005.08.26 17:59

« 建設再開に問題なし!? 江東区の言い分 | トップページ | 審尋終了 本紙VSパシコン・荒木民生氏の関連記事削除仮処分命令申立事件 »