« <気まぐれコラム> | トップページ | 竹花豊元東京都副知事からの「通知書」 »

2005.08.18

杭工事の瑕疵で藤和不動産が断念したマンション計画が、土地転売され、建設再開の不可解

本紙は今年2月12日、「藤和不動産、基礎工事ミス(?)でマンション建設撤退」なる記事を報じている。
5 ところが、付近の住民の懸念通りの事態が起きているという。
 マンション建設を断念した藤和不動産(東証1部上場)は、土地の所有権を請け負い施工業者の三平建設(ジャスダック上場)に転売。さらに、M不動産会社に転売され、M不動産会社を施工主に、三平建設が工事を再開しているというのだ。
 そのようなことが可能なのは、藤和不動産側は反対住民側にミスを認めたものの、それは住民側が撮影した“証拠”ビデオ(04年4月撮影)を突きつけられた結果で、行政命令や処分で工事が止まった結果でないから。
 杭工事会社の三谷セキサン(大証1部上場。ただし、実際に工事をしたのは下請け会社)は04年6月30日、特定行政庁(本件は東京都江東区)に正しく杭工事を行ったとして杭施行報告書(工事管理者総合所見等)を提出しており、江東区は建築基準法第9条の是正命令の発動をせず、1年以上も放置し続けているようなのだ。
 2005年8月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <気まぐれコラム> | トップページ | 竹花豊元東京都副知事からの「通知書」 »

コメント

sale@mp3.com

投稿: Eagles | 2007.09.21 14:26

小はんとやらを首を絞めて殺した奴が、政界にいるらしい。
http://www.pressnet.tv/log/view/6172

なに、日本の首相はやくざと関係がある。
こんなことを報道されて、なぜ、小泉は黙っているのか。
日本国民が馬鹿にされたのと同じだ!
http://www.forbes.com/2004/06/24/cz_bf_0624koizumi.html

あんれ、日本の首相は学生のとき、破廉恥行為でロンドンへ逃げていたって、本当かね?
By ニューヨーク市立大教授
http://gendai.net/contents.asp?c=022&id=135


投稿: とくとく | 2005.08.19 17:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5534724

この記事へのトラックバック一覧です: 杭工事の瑕疵で藤和不動産が断念したマンション計画が、土地転売され、建設再開の不可解:

» 藤和不動産、三平建設、前田興産トラブル [買ってはいけない東急リバブル・東急不動産]
東陽一丁目マンション建設計画は、地元住民からの強烈な反対運動で頓挫している。建設地は都営住宅跡地である。周辺は低層住宅地域で、そこに九階建てマンションを建てようとしたため、市域住民は日照権等を理由に反対している。 東陽一丁目マンション新築工事の当初の事業主..... [続きを読む]

受信: 2006.01.28 13:54

« <気まぐれコラム> | トップページ | 竹花豊元東京都副知事からの「通知書」 »