« 森喜朗元首相も関与? 今年もお馴染みメンバーで実施された「ミクロネシア自然体験」ツアー | トップページ | 内閣記者会に出された「談合」に関する“重要情報” »

2005.08.10

パシコン・荒木民生代表の本紙記事削除仮処分申立、却下が濃厚

●裁判官は取り下げを促すも、答えを避けた荒木代表弁護人

 昨8月9日午後4時半から、本紙のパシコン関連記事に関し、荒木民生代表が、そのすべての記事を削除するように、仮(緊急に)に裁判所が本紙側に命令してくれることを求めた件の審尋があった。
 本紙既報のように、それが認められるためには、本紙記事に公益性がなく、また、内容も明らかに「事実無根」であることを荒木代表が裁判官にわからせなければならない。しかし、これまでそれができておらず、裁判官は再度、この日までに、「事実無根」であると推測させる「証拠」提出を求めていた。
 そして、新たな文書が荒木代表側からは提出されたものの、裁判官は「仮処分」のハードルは高いとして、実質、その場で荒木代表側弁護士に「取り下げ」てはどうかと促した。
 2005年8月10日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 森喜朗元首相も関与? 今年もお馴染みメンバーで実施された「ミクロネシア自然体験」ツアー | トップページ | 内閣記者会に出された「談合」に関する“重要情報” »

コメント

荒木社長が無実なのは明白ですが、そろそろ我々社員も潔白を発信していくべき時期なのでは。
社員有志を募って、財界展望社や毎日新聞などの糞メディア社屋の周りをデモ行進する、というのはいかがでしょうか。

投稿: 社員 | 2005.08.14 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5390261

この記事へのトラックバック一覧です: パシコン・荒木民生代表の本紙記事削除仮処分申立、却下が濃厚:

« 森喜朗元首相も関与? 今年もお馴染みメンバーで実施された「ミクロネシア自然体験」ツアー | トップページ | 内閣記者会に出された「談合」に関する“重要情報” »