« 本紙・山岡の自宅放火事件、『サンデー毎日』、『週刊朝日』で報道される | トップページ | 『紙の爆弾』発行の鹿砦社・松岡利康社長、名誉毀損容疑で逮捕される »

2005.07.12

警察庁内記者会見への出席妨害禁止を求め、フリーライター仲間の寺澤有氏等、仮処分申請

●疑惑が出ているにも拘わらず、宮城県知事を批判する警察庁長官

  9 フリーライター仲間の寺澤有氏(38歳)、それに講談社『週刊現代』副編集長の舩川輝樹氏(39歳)が、7月11日までに、警察庁の記者会見に出席させないのは報道の自由の侵害だとして、国と警察庁記者クラブ、さらに朝日新聞社等警察庁記者クラブ加盟15社に対し、記者会見への参加を妨害しないように求める仮処分を東京地裁に申請した。
 最近、全国の自治体警察において、犯罪捜査報償費が不正流用されている疑惑が次々と起きている。宮城県警でも同様の疑惑が起き、寺澤氏は『週刊現代』で記事にすべく、今年7月4日、宮城県の浅野史郎知事をインタビュー取材している。浅野知事は6月24日、不正流用の疑惑があるとして、7月からの配当分の報償費予算につき執行停止するという、過去例のない強い態度で臨んでいるからだ。
 ところが、これに対し、6月30日、警察庁の漆間巌長官は「警察活動への介入そのもの」、「何も問題ないのに、執行を止めるのは権限の乱用だ」等、批判的見解を述べたため、寺澤氏は漆間長官に取材申し込みをした。
 しかし、警察庁広報室は「個別案件についての長官へのインタビューは応じていない」として取材拒否した。そのため、寺澤氏等は警察庁内で記者クラブ加盟社相手に行われている記者会見の場で質問するしか方法はないと考え、警察庁広報室、記者クラブ、記者クラブ各加盟社に出席を認め、かつ、質問させるように申し入れを行ったが、広報室は「定期的な会見は行ってない」旨、的はずれな回答を寄こしただけだった。
 2005年7月12日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 本紙・山岡の自宅放火事件、『サンデー毎日』、『週刊朝日』で報道される | トップページ | 『紙の爆弾』発行の鹿砦社・松岡利康社長、名誉毀損容疑で逮捕される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/4934054

この記事へのトラックバック一覧です: 警察庁内記者会見への出席妨害禁止を求め、フリーライター仲間の寺澤有氏等、仮処分申請:

» 『「治安国家」拒否宣言 「共謀罪」がやってくる』 [右近の日々是好日。]
 こんばんは。今日は、斎藤貴男・沢田竜夫編著『「治安国家」拒否宣言 「共謀罪」がやってくる』(晶文社、2005年)を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。  この本は、斎藤貴男氏へのインタビューで始まり、法律家の解説、ジャーナリストによる体験的ルポ、活動家の手記、刑法学者による思想的考察という流れをたどり、最後は戦後史論的デモ・広場考で締められます。  斎藤氏へのインタビューでは、まず、共謀罪という二人�... [続きを読む]

受信: 2005.07.15 15:32

« 本紙・山岡の自宅放火事件、『サンデー毎日』、『週刊朝日』で報道される | トップページ | 『紙の爆弾』発行の鹿砦社・松岡利康社長、名誉毀損容疑で逮捕される »