« 本紙記事掲載禁止仮処分申立(=言論弾圧)における、パシコン・荒木民生代表の言い分 | トップページ | 慧光塾“教祖”通夜に大物“信者”現れず »

2005.07.17

<新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)29  「イワシの頭も信心から」

会社が倒産した男が、宗教や通信販売がもうかると考え、自分だけに聞こえる「天声」を考案し、宗教法人を設立。そして、ゴーストライターに書かせた著書で足裏診断を宣伝、悩みを抱えて相談に来る信者から巨額の金を搾取した。さらに、新規に修行参加者を獲得すれば報奨金を出すシステムで信者を増やしていった。東京地裁は57月15日、宗教法人「法の華三法行(さんぽうぎょう)」(解散)の元代表役員・福永法源(ほうげん)に対して懲役12年(求刑懲役13年)の判決を言い渡した。13年の求刑に12年の判決は、日本の裁判所の“マニュアル的量刑”に照らせば厳しき量刑に入る。だが、福永被告の罪は百年の刑をもってしても赦されないものである。なぜなら、この世で最も残酷な罪とは、殺人や放火といった類の罪ではなく、藁にもすがりたい「信」を食い物にする“偽善”だからである。それにしても、詐欺師でも教祖様になれる日本はなんと純粋で信心深い国だろう、と思わずにいられない。実際、多神教の国である日本には現在、約18万の宗教法人がある。大は信者の数が数百万人といった宗教団体から、小は数十人のオカルト教団まで、そこでさまざまな教義が唱えられている。ただの「おっさん」を神格化している宗教団体もあれば、フリーセックスを唱える教団…、堂々と「株式会社」の形態をとっている宗教団体もある。なるほど、「信仰の自由」は「言論の自由」以上に尊き権利であり、信者にとってはそれがすべて…絶対的なものである。それだけに、個々の中に刻まれている「神」を差別したり、否定したりすることはできない。しかし、信じる対象が何であれ、信じることでもたらされる精神の救済、心の安泰、希望などに宗教の存在意義、使命を据えるならまだしも、宗教を“手段”として利用・悪用するのは“偽善”以外の何者でもない。とくに、金儲けに利用、権力維持の目的で宗教法人を運営しているに至っては、これほど重い「罪」はない。ある心理学者は「宗教は人間をコントロールできる唯一の存在である」と言ったが、人間、信じている時の心理状態は夢遊病と同じである。オウム真理教ではないが、殺人をも「善」と解釈してしまう洗脳、それが宗教の恐さだ。アメリカにも多くの宗教団体、無数のオカルト教団が存在しており、それぞれが好き勝手な教義をかざして「自分たちの信」に結束している。だが、それらが表社会に出ることはほとんどない。日本はその点、アメリカよりも「信仰の自由」が罷り通る社会のようである。とくに、宗教的には絶対、中立であらねばならないマスコミでさえ、特定の宗教団体に肩入れしているような振る舞いを平気でしている始末。たしか、福永被告が絶頂期の頃、某大手週刊誌で「福永法源の対談連載」を展開していたと記憶する。彼は毎週、著名人との対談で「神」だの、「天」だのと吼えていたわけだが、対談記事を読んだ読者の中には福永被告の言葉に影響されて入信した人もいるはずである。日本では、社会的責任を背負っている「公人」が特定宗教団体に肩入れしたり、また、有名人が広告塔になったりしていることに何の疑問も感じないようだ。無理もない。日本人は「イワシの頭も信心から」と思っている国民なので何事も…、どんなものでも信じさえすれば救われると“信じている”ようである。

|

« 本紙記事掲載禁止仮処分申立(=言論弾圧)における、パシコン・荒木民生代表の言い分 | トップページ | 慧光塾“教祖”通夜に大物“信者”現れず »

コメント

「マイク・アキオステリス」 って誰? ジャーナリストなら他にも署名記事を書いているよ。それを教えてください。

投稿: anonymous | 2005.07.17 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5000994

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米国ジャーナリスト)29  「イワシの頭も信心から」 :

» 山岡氏のブログに、また変な記事が [悪徳商法?マニアックス ココログ支店]
私の中の山岡氏は、アムウェイとか社会悪と戦う「正義の人」だったんだけど、どうも「 [続きを読む]

受信: 2005.07.17 04:33

» 4月5日生まれ・最高ですか?福永法源 [誕生日のパーソノロジー]
 東京地方裁判所は、「法の華三法行」の福永法源氏に詐欺罪で懲役12年を言い渡しま [続きを読む]

受信: 2005.07.17 09:56

« 本紙記事掲載禁止仮処分申立(=言論弾圧)における、パシコン・荒木民生代表の言い分 | トップページ | 慧光塾“教祖”通夜に大物“信者”現れず »