« 名誉毀損容疑で逮捕の鹿砦社・松岡社長、拘留理由開示請求でどんなメッセージが飛び出すか | トップページ | お知らせ »

2005.07.18

慧光塾“教祖”葬儀にも大物“信者”現れず

●東尾修元監督のみ通夜に参加?

 昨日の通夜以上に、本日の「慧光塾」“教祖”だった光永仁義氏の葬儀には、多くの週刊誌や写真誌記者等が取材を行った。 これまでの関係からして、葬儀には安倍晋三代議士や貴乃花親方といった大物、著名人が数多く出席するとみられていただけに無理もない。
 だが、長男の結婚式の際の参加者とは大違いで、2人はもちろん、他の著名人の参加も皆無といっていい状況だったようである。
「唯一、東尾元プロ野球西武監督だけが通夜に顔を出していたようですね。さすがに、安倍代議士にしろ、貴乃花親方にしろ、参加したら取材され、“信者”かどうかあれこれ聞かれることはわかっているから、事前、ないし事後に改めて個別にキチンと挨拶させてもらうということで、通夜、葬儀共に見送ったということではないでしょうか」(事情通)
 2005年7月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 名誉毀損容疑で逮捕の鹿砦社・松岡社長、拘留理由開示請求でどんなメッセージが飛び出すか | トップページ | お知らせ »

コメント

本日、はじめて拝読いたしました。
色々とご苦労おありでしょうががんばってください。

投稿: 山崎 雅弘 | 2005.07.23 11:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/5029096

この記事へのトラックバック一覧です: 慧光塾“教祖”葬儀にも大物“信者”現れず:

« 名誉毀損容疑で逮捕の鹿砦社・松岡社長、拘留理由開示請求でどんなメッセージが飛び出すか | トップページ | お知らせ »