« 慧光塾“教祖”が急死 | トップページ | パシコン・荒木民生代表の疑惑(25)PCI解任役員から森田社長への「抗議文」 »

2005.07.15

パシコン・荒木民生代表の疑惑(24) 荒木代表、本紙のパシコン関連記事掲載禁止の仮処分を申し立てる

 2  やはりというべきか、パシコンの荒木民生代表はついに、本紙の「パシコン・荒木民生代表の疑惑」連載記事等に対し、その掲載禁止の仮処分を東京地裁に申し立てて来た。
 冒頭に掲げたのは、裁判所から本紙・山岡に届いたその「通知書」である。
 しかし、読者の方はすでにご存知のように、この連載記事は具体的な証拠文書などに基づいており、極めて信ぴょう性は高い。また、パシコンというわが国ODAにも深く関わる公的企業の代表者の疑惑であり、公益性も十分過ぎるほどあるのだ。
 2005年7月15日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 慧光塾“教祖”が急死 | トップページ | パシコン・荒木民生代表の疑惑(25)PCI解任役員から森田社長への「抗議文」 »

コメント

>ODA ウォッチャーズ
毎回毎回しつこい。うざい。

しかし、こうした疑惑への矛先が、今後ODA等に絡む同業他社へ飛び火したらえらいことになるな。

投稿: アンチODAウオッチャーズ | 2005.07.16 20:35

 パシコン・荒木さんは、社内の恐怖政治を一般社会にも広めようとなさっているのでしょうか。
 この仮処分が通れば、日本は自滅です。

投稿: ヨーダ | 2005.07.15 10:41

◆根本的な問題は、多くの知識人が指摘しているように、パシコンは、外務省やJICA、経済産業省やJETRO等の信頼を裏切っていることについて、どのように反省し、自己改革できるか、でしょう。さらに、パシコンの本来の目的が、環境・人権・貧困撲滅・平和・共生などにあると思いたいが、現実に、その方向に事業が進んでいるのか、多くの知識人が疑問を持ち始めている、ということでしょう。

投稿: ODA ウォッチャーズ | 2005.07.15 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/4975371

この記事へのトラックバック一覧です: パシコン・荒木民生代表の疑惑(24) 荒木代表、本紙のパシコン関連記事掲載禁止の仮処分を申し立てる:

« 慧光塾“教祖”が急死 | トップページ | パシコン・荒木民生代表の疑惑(25)PCI解任役員から森田社長への「抗議文」 »