« 記者クラブ制度を考える訴訟で寺澤有氏、「この制度は世界の非常識。情報カルテル」と喝破 | トップページ | 明日発売の『週刊大衆』、「ザイン」信者の海部俊樹首相(当時)をテロ攻撃寸前だった告白証言を掲載 »

2005.06.11

裁判官出身市長、公選法違反容疑に答えず

●今年4月、山陽小野田市(山口県)の市長に当選

 公選法違反(買収)容疑は数あれど、そうまでして当選させようとした候補者が「裁判官出身」というのはひじょうにめずらしいだろう。
 2 当選した白井博文氏(67)は、裁判官歴35年というまさにその道のプロ。
 九州大学を卒業し、68年裁判官に任官。翌年、JR博多駅において三派全学連約300名の部隊に機動隊が暴行したとする特別公務員暴行陵虐事件関し、その事実を検証するため、提出を拒むマスコミに対し命令を求めた「博多駅フィルム提出命令事件」、阪神大震災による地震免責を求めて自宅火災の保険金支払いを拒む生保の言い分を退けたり、医療過誤事件でも被害者側の言い分をよく聞くなど、裁判官としての評価はかなり高かったようだ。大阪地裁、高裁で判事を務めた。02年退官。その後、弁護士事務所を開設、摂南大学(大阪府寝屋川市)の法学部教授も務めていた。
 そして、町村合併にともなう今回選挙では、旧小野田市市議18年の実績と旧市長の後継をアピールした対抗馬に、ちょうど倍の約2万3000票を集めて当選。有権者は行政の継続より、刷新を望んだようだ。
 2005年6月11日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 記者クラブ制度を考える訴訟で寺澤有氏、「この制度は世界の非常識。情報カルテル」と喝破 | トップページ | 明日発売の『週刊大衆』、「ザイン」信者の海部俊樹首相(当時)をテロ攻撃寸前だった告白証言を掲載 »

コメント

白井市長は未だ公選法違反容疑に口を開かず。
これも取り巻き(地元の医者を中心とした2世の経営者集団)の入れ知恵だろう。
白井市長は本当に何も知らない可能性もあるが・・・。
票の取りまとめを依頼した有権者のほとんどは、旧山陽町の者で、この動きは、その後の市議選挙や、今回の県議選挙にも行われている。
これらの行動や市政の方針などは、取り巻きが計画し、白井市長は操り人形の様に「yesマン」となっている。
市役所には息のかかる人材を配置し、人事を思うままに操っている。
旧山陽町の借金(山陽オート・町立山陽中央病院)について、前町長や前町議への責任追及もせず、継続方針を押し進めてきた。先日、山陽オートについては民間へ払い下げられたが、現市民に膨大な借金を負わせた事に間違いは無い。
今後、白井市長の取り巻きは、市長人気を利用し市議、県議を送り込み力を付け、白井市長が使い物にならなくなった時点で、切り捨てるだろう。
これが彼らの手口だから。
しかし、現在でも白井市長にはエールを送る熟女達が群れている。

投稿: 瀬戸 | 2007.04.06 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/4508328

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判官出身市長、公選法違反容疑に答えず:

« 記者クラブ制度を考える訴訟で寺澤有氏、「この制度は世界の非常識。情報カルテル」と喝破 | トップページ | 明日発売の『週刊大衆』、「ザイン」信者の海部俊樹首相(当時)をテロ攻撃寸前だった告白証言を掲載 »