« 裁判官出身市長、公選法違反容疑に答えず | トップページ | パシコン・荒木民生代表の疑惑(13) 本誌・山岡等に対する不可解な2度目の訴え »

2005.06.12

明日発売の『週刊大衆』、「ザイン」信者の海部俊樹首相(当時)をテロ攻撃寸前だった告白証言を掲載

●少なくとも4名の将官が、“教祖”と接触?

 7 「全裸SEX教団」という側面だけが、「ザイン」についての既マスコミ報道では目立つ中、明日6月13日(月)発売の『週刊大衆』は、同団体元幹部信者を登場させ、海部俊樹首相(当時)のわずか2M前まで接近、ナイフを抜く寸前だったとの当人証言を載せている。さらにその元幹部は、「ザイン」は国家転覆、クーデター計画をいまも捨てていないとも語っている。
 5 性的イベントは、国家転覆から金儲け集団に変質したと世間に思わせるカモフラージュ、それにクーデター計画実現のための資金集めの役目も果しているというのだ。
 そして、そのクーデター計画実現のためには、並行して、自衛隊内に協力者を作ることが必要不可欠であり、その仲介役を果しているのが同団体の特別顧問T氏としている。
 2005年6月12日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 裁判官出身市長、公選法違反容疑に答えず | トップページ | パシコン・荒木民生代表の疑惑(13) 本誌・山岡等に対する不可解な2度目の訴え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/4517646

この記事へのトラックバック一覧です: 明日発売の『週刊大衆』、「ザイン」信者の海部俊樹首相(当時)をテロ攻撃寸前だった告白証言を掲載:

» すごい組織 [ニヤリ]
全裸SEX教団「ザイン」“世界戦略”驚愕の中身 全裸の男女による「性の儀式」などで週刊誌をにぎわしている謎の組織「ザイン」(静岡県沼津市)。「全裸セックス教団」とスキャンダラスに報じられるなか、代表が夕刊フジの単独インタビューに2時間半にわたって激白した。性器をさらす儀式は「世界戦略の一環」というが、その“戦略”には驚きの中身が隠されていた? 猛烈にゆんゆんしております。...... [続きを読む]

受信: 2005.06.30 13:47

« 裁判官出身市長、公選法違反容疑に答えず | トップページ | パシコン・荒木民生代表の疑惑(13) 本誌・山岡等に対する不可解な2度目の訴え »