« パシコン・荒木民生代表の疑惑(11) パシコングループの石垣島ホテルを親子で牛耳る | トップページ | 八王子の公団欠陥マンション問題のさらなる疑惑 »

2005.06.07

国際協力銀行総裁に出された、「陰の総裁」告発メールの内容

●生き残りのため、元理事が様々な工作展開中?

 本紙はこれまで国際協力銀行(JBIC)について、2度記事にしている。
国際協力銀行は完全解体すべき」(今年5月22日)
民間銀行など比でない政府系金融機関の巨額不良債権ーー国際協力銀行、1兆8000億円の不良債権隠し」(今年4月5日)
 すると、以下のようなメールが届いた。
 関係者の話を総合すると、本当にこのメール、JBICの篠沢恭助総裁に出されているようだ。
 また、指摘の元理事が現在もJBICにかなりの影響力を有し、何らかのアクションを起こしているのも間違いないようだ。
 だが、如何せん、事が事だけに、その「政界工作」の裏取りは極めて困難である。
 そこで、問題提起すると共に、情報提供も呼びかけたく、以下、このメールを公開することとした(一部省略)。
 ただし、現時点では、名前は伏せ、また、本人と容易に特定できる社名等もボカした。何か情報があれば、是非、メールなりファックスをいただければ幸いだ。

 篠沢総裁
 突然のメールをお許しください。
 プロパー職員ではいまや解決できない問題がJBICで発生しています。
 それは総裁や監督官庁の知らないところでおこなわれている「政界工作」です。
 なお、このメールは、この問題の関係者ということで、監督官庁とその出身理事の方にもお送りすることをお許しください。支援が期待できるプロパーの一部にも送っています。
 その問題ですが、旧輸銀の元理事で、某エンジニアリング会社の役員であるA氏は、子飼いの広報室のB氏に指示して自分が関係する自民党、公明党、民主党の議員のパーティ券を購入させています。
 JBICの公金を使ってです。
 2005年6月7日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« パシコン・荒木民生代表の疑惑(11) パシコングループの石垣島ホテルを親子で牛耳る | トップページ | 八王子の公団欠陥マンション問題のさらなる疑惑 »

コメント

JBICの不正はそんなもんじゃない。調査費用の不正流用でJBICは三菱総研を訴えたが、その総研にこの3月にODAの開発4部長の畑中氏を再就職先としておくりこんだ。その代わり調査費用の件はやみさたになった。これこそODA癒着ではないか。

投稿: 太郎 | 2005.06.09 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/4456846

この記事へのトラックバック一覧です: 国際協力銀行総裁に出された、「陰の総裁」告発メールの内容:

« パシコン・荒木民生代表の疑惑(11) パシコングループの石垣島ホテルを親子で牛耳る | トップページ | 八王子の公団欠陥マンション問題のさらなる疑惑 »