« 八王子の公団欠陥マンション、ついに工事監理業者が判明 | トップページ | パシコン・荒木民生代表の疑惑(15) 「荒木告発文書」がネット上で全文公開される »

2005.06.18

なぜ、警視庁は武富士天下り元警部補にも拘わらず、本紙・山岡告訴で動いたのか!?

●無事、解放される。初回の取り調べは約2時間半

  今後も3番町(東京都千代田区)の警視庁の取調べ室には何度も足を運ばなくてはならないが、昨日は、約2時間半の取り調べで終わった。
 関係者の皆様にはご心配をかけ、本当にすいません。
 ただ、「論談」目安箱や、「二階堂ドットコム」で流れたような、何が何でも逮捕という雰囲気はとりあえず感じられなかった。
 昨日も報じたように、告訴人は元警視庁刑事部捜査2課警部補、それから武富士の総務課長に天下っていた岩根昭二氏。本紙・山岡の容疑は名誉毀損である。
 名誉毀損とされる箇所は、山岡の著した単行本『銀バエ 実録武富士盗聴事件』の3箇所の記述。
 昨日の記事中で示した2箇所と、82頁のもう1箇所。いずれも、岩根元警部補が武富士を退職してまもなく、在職中に知り得た出来事を小説風に仕立てた100頁にも及ぶ書籍ゲラのようなものを作成。それを公表することを暗に臭わせ、武井保雄武富士会長(当時)から、500万円の現金を受け取った疑惑に関して報じたもので、それがまったくの事実無根ということのようだ。
 だが、山岡としては到底納得できない。
 100歩譲って、まったくのデッチ上げでない以上、民事訴訟で争うべきことで、古巣の警察権力を使い、捜査させることは、公権力の私物化に他ならない。
 取り調べの刑事は、警察は訴えはすべて受理することになっており、その結果、調べているだけ。訴えた人間が元刑事かどうかまったく関係ないと言ったが、それには無理がある。
 告訴案件は膨大な件数に上がっており、すべて捜査などできるわけがない。大半は捜査せず放置、うやむやになっているのが現状。
「桶川ストーカー殺人事件」等でも明らかで、生命の危険を感じる重大犯罪でもそうなのに、ましてこちらは名誉毀損容疑に過ぎない。しかも、重大な物証があり、証言者もいるのだ。
 おまけに、岩根元警部補は、まだ世間の記憶も鮮明な、山岡が告訴して弾けた盗聴事件の舞台となった武富士に天下っていた人物。かつ、その武富士絡みの疑惑なのだ。しかも、岩根元警部補は山岡が捜査に協力した警視庁本庁2課の出身で、今回の取調べをしているのもその捜査2課。
 2005年6月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 八王子の公団欠陥マンション、ついに工事監理業者が判明 | トップページ | パシコン・荒木民生代表の疑惑(15) 「荒木告発文書」がネット上で全文公開される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/4604728

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、警視庁は武富士天下り元警部補にも拘わらず、本紙・山岡告訴で動いたのか!?:

» 『現代社会と治安法』 [右近の日々是好日。]
 こんばんは。今日は、中山研一先生の『現代社会と治安法』(岩波新書、1970年)を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。  序章では、まず、治安の意味には1、市民間の生活秩序維持としての治安 2、個人的法益(個人が法によって保護される利益)を超える全体的秩序としての治安 3、政治的秩序としての治安の3つがあることが示されます。そして、市民間の生活秩序としての治安と全体的秩序としての治安の2つの治... [続きを読む]

受信: 2005.06.19 21:05

« 八王子の公団欠陥マンション、ついに工事監理業者が判明 | トップページ | パシコン・荒木民生代表の疑惑(15) 「荒木告発文書」がネット上で全文公開される »