« パシコン・荒木民生代表の疑惑(5) 倒産したファミリー企業の見せかけ増資にパシコン資金流用? | トップページ | <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑳安倍議員のパフォーマンス発言 »

2005.05.28

宮内庁次長に関する怪文書、また出る

●ノーパンしゃぶしゃぶ「桜蘭」で接待され、許永中人脈との関係もある?

 1617  本紙は05年4月22日、「宮内庁次長は、隠れ創価学会員?」、同25日、「本紙既報の宮内庁次長(隠れ学会員?)怪文書、本日発売の『週刊現代』が巻頭記事化」なるタイトル記事を出しているが、再度、怪文書がファックスされて来た。
 日付は5月25日。前回は「有志一同」で締め括られていたが、今回は「憂国有志一同」となっている。
 宛先も前回は「宮内庁記者クラブ幹事社様」となっていたのが、ご丁寧に、本紙・山岡宛になっている。
 単に、前回出して反応があったところに絞った結果かも知れないが、前回と同じグループ(個人?)かどうか、この文面だけでは推測しようもない。
 ただし、今回文書は、宮内庁次長・風岡典之氏が、創価学会員であるだけでなく、「被差別部落出身者」とか、「半島系」とか、明らかな差別発言を含んでいたので、掲載するかどうか迷った。
 例え風岡氏がどちらかの出身だとしても、そんなことはどうでもいい。否、むしろ、天皇と対局の低い身分として位置づけられ、虐げられたり、日韓併合というわが国の侵略の歴史を思えば、そういう人物が宮内庁№2に就けるようになったことは、身分制の解消、日韓融和という理想から言えば、ある意味、喜ばしいことではないか。
 誤解のないように説明しておくが、本紙が、風岡次長が学会員ではないかとの怪文書を取り上げたのは、学会が宗教の衣をまといながらも、池田大作氏指導体制の下、政教一致を目指すその特異性、危険性故だ。
 そのことに関しては、ごく最近出た『実録! 平成日本タブー大全』中の「「創価学会インタナショナルとポスト池田大作のタブー!」(著・山村明義氏)を見ても明らかだろう。
それでも、敢えて本紙が同文書を公表するのは、風岡氏が、あのノーパンしゃぶしゃぶ店「桜蘭」で接待を受けていた脇の甘い一グータラ官僚に過ぎないとの記述は事実(当時の名簿に名前があったことを確認)だし、当時の上司・小野邦久氏(国土交通省初代事務次官)との関係を思えば、戦後最大の経済事件といわれたイトマン事件の主役・許永中被告に繋がる闇人脈と付き合いがあっても不思議ではないからだ。
 周知のように、小野氏自身は、表面化しただけでも許永中被告と2度会っている。
 2005年5月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« パシコン・荒木民生代表の疑惑(5) 倒産したファミリー企業の見せかけ増資にパシコン資金流用? | トップページ | <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑳安倍議員のパフォーマンス発言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/4311064

この記事へのトラックバック一覧です: 宮内庁次長に関する怪文書、また出る:

« パシコン・荒木民生代表の疑惑(5) 倒産したファミリー企業の見せかけ増資にパシコン資金流用? | トップページ | <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑳安倍議員のパフォーマンス発言 »