« 米国NY9・11事件で崩壊した世界貿易センターにつき、保険金を支払った独保険会社に対し、株主が保険金詐欺の疑いがあるとして経営陣を提訴 | トップページ | パシコン・荒木民生代表が本紙・山岡等を訴えた背景に、中国利権? »

2005.05.16

『フラッシュ』記者等、1週間ぶりに釈放。略式起訴、罰金10万円

 うっかり、記事を見落としていたが、件の『フラッシュ』記者とカメラマンの2人が5月13日(先週金曜日)、ようやく釈放されていた。
 各メディア報道しているのだが、もっとも詳しく報道しているが、以下の朝日新聞社のインターネット配信記事と思われるので転載しておく(なお、2人の実名部分のみ本紙の判断で伏せた)。併せて、参考までに、本紙の関連既報記事も最後に貼り付けておく。

●「住居侵入の写真誌記者に罰金10万円 画像データは押収」(2005年05月13日21時33分)

 写真週刊誌「フラッシュ」(光文社)の契約記者とカメラマンが死体遺棄現場への住居侵入容疑で逮捕された事件で、横浜区検は13日、2人を同罪で略式起訴した。横浜簡裁は各罰金10万円の略式命令を出し、2人は釈放され仮納付した。検察側は「知る権利や取材の自由を十分考慮しても、処罰せざるを得ないと判断した」としている。
 現場で撮った写真のデータは押収され、所有権が放棄されたという。
 略式命令を受けたのは、S記者(42)とフリーカメラマン(30)。2人は6日朝、妊娠中の女性の遺体が埋められていた神奈川県鎌倉市の民家の敷地内に侵入したとして同日、現行犯逮捕された。送検を受けた横浜地検が7日に勾留(こうりゅう)請求し、横浜地裁が同日、勾留を決定した。
 略式起訴した理由について地検は(1)隣家の敷地にも入っているうえ、警察が現場保存のために張った立ち入り禁止テープを二重にくぐり抜けており悪質(2)被害者や周辺住民らの感情に配慮した――と説明している。
 2005年5月16日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 米国NY9・11事件で崩壊した世界貿易センターにつき、保険金を支払った独保険会社に対し、株主が保険金詐欺の疑いがあるとして経営陣を提訴 | トップページ | パシコン・荒木民生代表が本紙・山岡等を訴えた背景に、中国利権? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/4148981

この記事へのトラックバック一覧です: 『フラッシュ』記者等、1週間ぶりに釈放。略式起訴、罰金10万円:

» ストレイ・ドッグの記事に脊髄反射 [技術屋稼業@サラリーマン]
この山岡氏ってドキュンなのか? [続きを読む]

受信: 2005.08.27 01:42

« 米国NY9・11事件で崩壊した世界貿易センターにつき、保険金を支払った独保険会社に対し、株主が保険金詐欺の疑いがあるとして経営陣を提訴 | トップページ | パシコン・荒木民生代表が本紙・山岡等を訴えた背景に、中国利権? »