« <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑮ゴールデンウィーク特大号の『週刊文春』  | トップページ | 「記者クラブ制度を考える訴訟」、本紙・山岡も陳述書提出 »

2005.05.02

本紙・山岡の記事は「言論テロ!」と、安倍晋三代議士ベッタリの地元誌が反論

●「集団的自衛権行使や憲法改正などに対する言論テロに鉄槌を」の過激な見出しで

 1212_35312_354本紙・山岡が、4月7日発売の『紙の爆弾』創刊号で安倍晋三幹事長代理の疑惑について報じたことに対し、安倍氏の地元、山口県下関市の経済誌が、安倍氏擁護記事を掲載したので、報告しておく。
 この雑誌、『週刊ケイザイ防長』(防長経済新報社・下関市伊勢町)という。
 地元事情通によれば、「山口新聞同様、安倍事務所ベッタリの経済誌」とのこと。
 それにしても、その記事、「安倍晋三氏バッシング記事は左翼陣営の最後の『あがき』」というタイトルからも窺い知れるように、記事の内容には何等言及できず、ただ、安倍氏が靖国神社参拝や日米同盟強化、憲法改正など“まともなこと”を率先してやっているところ、正当な手段で対抗できないから、ブラックジャーナリズムという言論のテロをしかけているという、無茶苦茶な主張。
「つづき」で締めくくっているが、『噂の真相』を、「ブラックジャーナリズムで一世を風靡した某誌」といい、『紙の爆弾』についても、「引き続き同誌がこのほど創刊され」と名指しを避けている腰砕けぶり。
 一言いっておくが、本紙は「左翼」ではない。あえていえば、「反権力」。強い者には絶対に組しない。これが唯一のスタンス。
 本気で反論する気があるなら、単なるレッテル貼りではなく、きちんと内容で勝負していただきたい。これでは、自分こそがブラックジャーナリズムだと、天にツバしているようなものだといっておこう。
 2005年5月2日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑮ゴールデンウィーク特大号の『週刊文春』  | トップページ | 「記者クラブ制度を考える訴訟」、本紙・山岡も陳述書提出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/3951310

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙・山岡の記事は「言論テロ!」と、安倍晋三代議士ベッタリの地元誌が反論:

« <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑮ゴールデンウィーク特大号の『週刊文春』  | トップページ | 「記者クラブ制度を考える訴訟」、本紙・山岡も陳述書提出 »