« 京都の地上げ問題で、武富士前会長・武井保雄に新たな疑惑 | トップページ | 写真週刊誌『フラッシュ』記者等2名、住居侵入で逮捕の波紋 »

2005.05.06

パシコン・荒木民生社長、今度は検察審査会に申立てされる

●この連休明け、石垣検察審査会へ
12113114
05年3月20日、本紙は、「パシコン・荒木民生社長、またまた訴えられる」というタイトル記事を掲載した。
 世界的建設コンサルタント企業、それも公共工事やODA事業絡みなど、極めて公的性格の強い企業のトップたる荒木民生社長が提訴されたということで、公益性が高いことから報じたわけだが、実は荒木社長、03年3月、提訴した「ファンタジィランド」という企業から、刑事告訴までされていたのだ(冒頭にその「告訴状」の一部を掲載しておく)。
 容疑は「公正証書原本不実記載」。
 現在、石垣島にあるビジネスホテル「イーストチャイナシーホテル」は、パシコンの孫会社が所有、経営している。だが、本当は自社に所有権があり、それにも拘わらず、荒木社長は法務局に虚偽の申し立てを行って法務局職員に誤解させて登記=乗っ取ってしまったというのが告訴人たるファンタジィランド側の言い分だ。
 もっとも、荒木社長の名誉のためにいっておくと、その告訴の件につき、那覇地検石垣支部は04年4月30日、「不起訴」処分を決定している。
 12_271だが、この決定は、決してファンタジィランドの言い分がデタラメだったからではないようだ。関係者が証言する。
「検察は、荒木氏が容疑通りのことをしていることはわかっている。しかし、ファンタジィランド側が最初にホテルを建設をしようとした業者から6000万円ともいわれる金銭を得ており、実害が少ないと判断した結果、不起訴にしたようなんだ」
 2005年5月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 京都の地上げ問題で、武富士前会長・武井保雄に新たな疑惑 | トップページ | 写真週刊誌『フラッシュ』記者等2名、住居侵入で逮捕の波紋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/4015317

この記事へのトラックバック一覧です: パシコン・荒木民生社長、今度は検察審査会に申立てされる:

« 京都の地上げ問題で、武富士前会長・武井保雄に新たな疑惑 | トップページ | 写真週刊誌『フラッシュ』記者等2名、住居侵入で逮捕の波紋 »