« <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑳安倍議員のパフォーマンス発言 | トップページ | <銀行不良債権処理> 銀行競売実施で問題解決どころか、サービサーによる無担保債権取立地獄 »

2005.05.29

パシコン・荒木民生代表の疑惑(6) 破産管財人も認めるファミリー企業増資詐欺疑惑

●債務超過後、上場を謳って、4度に渡り増資実施の確信犯

  1117  左に、荒木ファミリー企業「パシフィック・テレコム」に関する破産管財人の報告書コピーの1P目を載せた。
 そこで、同社は「平成11年3月31日において既に債務超過の状態であったと考えられる」と、破産管財人が認めているのだ。
 ところが、荒木氏等はその後、立て続けに4度も増資を行い、一般投資家から計9億円近くを集め、同社はほどなく倒産しているのだ。
 2005年5月29日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑳安倍議員のパフォーマンス発言 | トップページ | <銀行不良債権処理> 銀行競売実施で問題解決どころか、サービサーによる無担保債権取立地獄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/4324871

この記事へのトラックバック一覧です: パシコン・荒木民生代表の疑惑(6) 破産管財人も認めるファミリー企業増資詐欺疑惑:

« <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑳安倍議員のパフォーマンス発言 | トップページ | <銀行不良債権処理> 銀行競売実施で問題解決どころか、サービサーによる無担保債権取立地獄 »