« 写真週刊誌『フラッシュ』記者等2名、住居侵入で逮捕の波紋 | トップページ | 大物芸能人、クスリ疑惑続報 »

2005.05.07

<新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑯億万長者番付にみる「日本の富豪」

米フォーブス誌の「世界の億万長者番付」が発表された。純資産十億ドル(約1050億円)以上の富豪は691人、合計資産額は242兆円。今回の一位は5兆1千億円のビル・ゲイツ氏、11年連続のトップである。日本人は50位内にも入っていなかった。たしか、バブル時代には十位以内に6人もの日本人が顔を出したのに…あの堤義明氏が世界一の富豪にもなった。日本のそれは所詮、「成金たちの宴」であったようだ。番付をみていくと77位にやっと、「サントリー」の佐治信忠氏が出てきた。1111180位に「アイフル」の福田吉孝氏、84位に「武富士」の武井保雄氏、103位に「新日本観光」の糸山英太郎氏、111位に「SANKYO」の毒島邦雄氏、同じ111位に「アコム」の木下恭輔氏…、200位以内に入っている日本人は全部で11人、堤義明氏は149位であった。今の日本の税システムでは富豪の出現は無理かもしれない。とにかく、世界第二の経済大国から選ばれた富豪は11人、この数を少ないとみるかそれとも、妥当とみるかは各自の裁量に委ねられるが問題は、億万長者たちの顔ぶれだ。アイフル80位、武富士84位、アコム111位…、日本を代表する億万長者たちが消費者金融の創業者で占められている。なんとも寂しい限りだ。彼らが億万長者に上がりつめた過程においては社会的批判、道義的責任も少なくない。実際、武富士の武井会長は今尚、社会的批判から逃げている。ゼロ金利時代に「ご利用は計画的に」との謳い文句で、高利で稼ぎまくってきた彼らに「富豪」の名称は似合わない。でも日本は「勝てば官軍」の社会、乗っ取りだろうが高利貸しであろうが一切、関係ないとの理屈がまかり通る。モラルや手段はどうであれ、利益を上げ、株式上場を果たせば一応、「一流企業」とみなされる。経営者にとってこれほど都合のいい国はないだろう。実際、消費者金融は今や、一部上場企業をして経団連メンバー、大手銀行と対等な立場で資本・業務提携を繰り広げる“大企業”である。その大企業を“サラ金”の意識で論じるのはそれこそ、差別的な視点かもしれないのだが…、ならば今後、億万長者らしき器量にて「富豪」の面目を保ってもらいたいものだ。それにはまず、稼いだ金を社会に還元することで、社会的意義を掲げてもらわなければならない。世界の富豪たちの慈善事業を挙げてみよう。ビル・ゲイツ氏は資産の38%にあたる3兆8千億円をエイズ対策や公立学校再編のために寄付。ジョージ・ソロス氏は純資産41%の5500億円を銃規制推進、旧ソ連圏での語学教育に。SAPの共同創業者クラウス・チラ氏は3520億円相当の株を財団に寄付、生物情報科学の研究を支援。デットターナー氏は国連に1200億円を寄付。デビット・ダフィールド氏が220億円など、この他にも多くの富豪が慈善活動に膨大な資金を注いでいる。そこへいくと、日本人の富豪たちは“みみっちい”ときている。資産の保全を図るため株を他人名義にして世間を騒がせ、友達をつくることさえ許されない「家憲」を頑なに守り通す二世富豪がいるかと思えば、1600億円もの贈与税申告漏れを指摘される消費者金融の二世がいる始末。とてもじゃないが世界のレベルには至ってない。慈善活動の世界ランキングなるものがあったら多分、日本からは誰一人、選ばれないだろう。
写真は、つい最近、違法取立て等で弁護士による専門の「被害対策全国会議」まで設立されたアイフルの福田吉孝社長)

|

« 写真週刊誌『フラッシュ』記者等2名、住居侵入で逮捕の波紋 | トップページ | 大物芸能人、クスリ疑惑続報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/4024935

この記事へのトラックバック一覧です: <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑯億万長者番付にみる「日本の富豪」:

» 富豪の皆さんは、やはり資産の持ちすぎだと思う [真田しゅうりんの日記帳]
●日本の富豪、1位佐治氏 米誌、ホリエモン40位  【シンガポール9日共同】米経済誌フォーブスは9日、日本の長者番付「日本の富豪40人」を初めて発表、佐治信忠サントリー社長が資産58億ドル(約6200億円)で首位に立った。大手メディアへの買収攻勢で名を上げた堀江貴文ライブドア社長(32)は6億4500万ドル(約690億円)と40位ながら、最年少でランク入りした。  40人中、29人が10億ドル超の資産家。同誌は「日本は長期不況に苦しんだにもかかわらず、アジアで最も多くの億万長者を抱える国だ」... [続きを読む]

受信: 2005.06.11 07:01

» キャッシング比較ナビ-クレジットカードから消費者金融の徹底比較サイト [キャッシング比較ナビ!]
クレジットカード、キャッシングの徹底比較サイト。 [続きを読む]

受信: 2005.07.19 02:09

» アメリカ長者番付の記事を見て 格差是正が必要だと思う [三途の川の手前より2]
 貧富の差がますます拡大していると思う今日この頃ですが、こんなニュースがありました。資産がトップの百万分の一(567万円)以下である世帯数なんかも併せて載せると、貧富の差がいかにあるかが分かっていいのかもしれません。  それにしても、何らかの格差是正策が必要だと思うのは私だけですか? (この手のコメントも毎度毎度、という感じです。世の中お金が全てではないものの、割り切れなさは大いに残ります) ●ゲイツ氏が12年連続首位 フォーブス誌の米長者番付  【ニューヨーク23日共同】米経済誌フ... [続きを読む]

受信: 2005.09.26 05:21

« 写真週刊誌『フラッシュ』記者等2名、住居侵入で逮捕の波紋 | トップページ | 大物芸能人、クスリ疑惑続報 »