« 産経新聞が仰天報道「韓国が日米との軍事同盟を離脱?」 | トップページ | <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑫中国の反日デモと日本のメディア  »

2005.04.20

西川頭取、ついに退任へ。最後まで大手マスコミが無視した自宅スキャンダル

●フジテレビ・日枝久会長の自宅スキャンダルなど比でない重要疑惑

 1212_24612_250
12_253



西川善文三井住友銀行頭取が、この6月末の株主総会を持ってついに退任することが決まったと、昨日の全国紙夕刊が一斉に報じている。
 本紙は、いまから半年以上前から、この西川頭取の自宅スキャンダルを何度も報じて来た(クリックしても、巻頭が同じ記事のため画面が移動してないように思われるかも知れませんが、この記事の後にバックナンバー記事が続いています。画面を移動させて後の記事をご覧下さい)
 本紙はフジテレビ・日枝久会長の過去の自宅スキャンダルも、今回のライブドアとの攻防が持ち上がる中でいち早く報じたが、西川頭取の疑惑は、その確実性、重要性において比較できない重さ。この疑惑が大手マスコミで取り上げられれば、即刻、辞任すべき内容だった。
なぜなら、
①自宅をプレゼントしたと思われる金丸系直系(故・金丸信元副総理)企業との関係が証明されている(フジ・日枝会長の疑惑は、プレゼントされた疑惑のある鹿島建設との関係を直接繋ぐ証拠がない)。
②しかも謄本上、土地の所有権移転前(前所有者が金丸系直系企業)に、建物登記が西川頭取名でされるなど、癒着していなければあり得ないことが、公的書類上、ハッキリしている。
③この自宅土地を担保に、旧住友銀行が金丸系直系企業に融資をしたり、同企業の高級ゴルフ場の会員権を旧住銀が発売するなど、西川頭取の仕事と密接に関わる相手先である(フジ・日枝会長の相手の鹿島は、お台場のフジテレビ建設の受注という、基本的に一度だけの関係)
 ところが、大手マスコミは本紙記事を目にしながら、どこも記事にしようとしなかった。
 2005年4月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 産経新聞が仰天報道「韓国が日米との軍事同盟を離脱?」 | トップページ | <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑫中国の反日デモと日本のメディア  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/3776473

この記事へのトラックバック一覧です: 西川頭取、ついに退任へ。最後まで大手マスコミが無視した自宅スキャンダル:

« 産経新聞が仰天報道「韓国が日米との軍事同盟を離脱?」 | トップページ | <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)⑫中国の反日デモと日本のメディア  »