« 月刊『紙の爆弾』、いよいよ4月7日、創刊号発売に | トップページ | 武富士5000万円“編集協力費”問題についての『週刊朝日』の見解 »

2005.04.05

民間銀行など比でない政府系金融機関の巨額不良債権ーー国際協力銀行、1兆8000億円の不良債権隠し

●統廃合でなく、即刻、責任追及を!

 この4月1日、内閣府は政府系金融機関の統廃合を検討するため府内に準備室を設置した。
 秋までに議論し、基本方針をまとめるつもりだ。
 一方、すでに政府系金融機関(国際協力銀行、日本政策投資銀行、住宅金融公庫など計8つ)の貸出残高をGDP比半減させること、また、07年度末までにいまの特殊法人形態を廃止することを決定している。
 しかし、そんな悠長なことをやっていていいのか。
 というのも、政府系金融機関はいずれも巨額不良債権を抱えており、しかもその額はいまも膨らみ続けているようだからだ。
 結局、そのツケは国民に回されるわけで、それを思えば、即刻、厳密な検査を金融庁が行い、その額と原因を国民に公表。そして、責任の所在を明らかにして、責任を取らせるべきだろう。
 2005年4月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 月刊『紙の爆弾』、いよいよ4月7日、創刊号発売に | トップページ | 武富士5000万円“編集協力費”問題についての『週刊朝日』の見解 »

コメント


…………………

待つだの続編キボンヌ


山岡氏n

by  岩元数映画

投稿: とおりすがり | 2009.02.01 16:37

続きよろしこ

マツダ汽艇外ショルイ~


岩本数枝

投稿: とおりすがる | 2009.02.01 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/3568001

この記事へのトラックバック一覧です: 民間銀行など比でない政府系金融機関の巨額不良債権ーー国際協力銀行、1兆8000億円の不良債権隠し:

« 月刊『紙の爆弾』、いよいよ4月7日、創刊号発売に | トップページ | 武富士5000万円“編集協力費”問題についての『週刊朝日』の見解 »