« 本紙・山岡も寄稿しているジャーナリズムについて考える本、岩波書店より刊行に | トップページ | 民間銀行など比でない政府系金融機関の巨額不良債権ーー国際協力銀行、1兆8000億円の不良債権隠し »

2005.04.05

月刊『紙の爆弾』、いよいよ4月7日、創刊号発売に

●『噂の真相』の<受け皿雑誌>、<スキャンダリズム>の精神を継承(!?)

12_415 「鹿砦社」の松岡利康社長には、本紙・山岡は未だ一度も会ったことはないのだが、『噂の真相』常連ライターだった山岡としては、上記フレーズに共感し、創刊号に原稿を書いた次第だ。
 ハッキリいって、『紙の爆弾』という雑誌名を聞いた時、それはないと思った。これでは、「私は総会屋です!」と公言していると誤解されかねず、怪しく、まず、多くの方に手にしてもらわないと始まらないのに、誌名だけで敬遠されかねないからだ。しかし、部外者の山岡が、あれこれいえる立場ではない。
 2005年4月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 本紙・山岡も寄稿しているジャーナリズムについて考える本、岩波書店より刊行に | トップページ | 民間銀行など比でない政府系金融機関の巨額不良債権ーー国際協力銀行、1兆8000億円の不良債権隠し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/3566550

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊『紙の爆弾』、いよいよ4月7日、創刊号発売に:

» 紙の爆弾 創刊 [天河夢想]
書店を覗いてみると、以前「噂の眞相」が並べてあった場所に、同じ大きさの雑誌が山積みになっていた。(復刊したのか?) タイトルは「月刊 紙の爆弾」(紙の爆弾っていうのは、戦争の時に敵国に飛行機からバラ撒くプロパガンダのビラだよな?) 出版社は…... [続きを読む]

受信: 2005.04.08 07:13

« 本紙・山岡も寄稿しているジャーナリズムについて考える本、岩波書店より刊行に | トップページ | 民間銀行など比でない政府系金融機関の巨額不良債権ーー国際協力銀行、1兆8000億円の不良債権隠し »