« 「日経新聞」1面で宣伝も発売遅れ。中央三井信託と三井住友海上の“持ち家担保老後資金融資”は成功するか? | トップページ | 鹿砦社が新たな「緊急ニュース」配信。対アルゼで小早川茂氏と連携、小早川氏恐喝未遂事件の真相についても言及 »

2005.04.14

本日発売の「週刊新潮」が、NTTコム“怪文書騒動”に関して報道

●本紙も3月3日号で指摘

 本紙は今年3月3日、「NTTコム・鈴木正誠社長を糾弾する社員作成文書が出回る」なる記事を配信した。
 NTTグループの国際進出、ネット事業の牽引役であるNTTコムの鈴木社長、それに本紙は鈴木社長の「側近中の側近の役員」に止めていたのだが、『週刊新潮』では、青木裕氏と実名で書かれているようで、この2人を糾弾する文書だった。
 もっとも、こうした“怪文書”は複数出回っており、『週刊新潮』が入手したものは、本紙よりもっと詳細に書かれていたようだ。
 2005年4月14日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「日経新聞」1面で宣伝も発売遅れ。中央三井信託と三井住友海上の“持ち家担保老後資金融資”は成功するか? | トップページ | 鹿砦社が新たな「緊急ニュース」配信。対アルゼで小早川茂氏と連携、小早川氏恐喝未遂事件の真相についても言及 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/3693931

この記事へのトラックバック一覧です: 本日発売の「週刊新潮」が、NTTコム“怪文書騒動”に関して報道:

« 「日経新聞」1面で宣伝も発売遅れ。中央三井信託と三井住友海上の“持ち家担保老後資金融資”は成功するか? | トップページ | 鹿砦社が新たな「緊急ニュース」配信。対アルゼで小早川茂氏と連携、小早川氏恐喝未遂事件の真相についても言及 »