« 政治結社が昨年末に出していたライブドア・堀江貴文社長への「抗議文」。明日発売の『週刊新潮』が記事化の模様 | トップページ | NTTコム・鈴木正誠社長を糾弾する社員作成文書が出回る »

2005.03.02

わが国企業の「成果主義」は間違っている。“救済本”出る

●『成果主義神話の崩壊』(斉藤貴男+東京管理職ユニオン)

 12_337わが国では現在も米国に倣って「成果主義」が叫ばれ、現在、大企業の実に約8割もが何らかのかたちでこの手法による賃金体系を導入しているとも言われる。そして、さらには中小零細企業にも本格導入されようとしている……。
 しかし、その結果、どうなったのか?
 本書『成果主義神話の崩壊』は、「職場のチームワークが分断され」、「査定する者へのゴマすりが増え」、「人減らしが加速され」、労働者の地位が悪化したどころか、人間性まで否定され、メンタルヘルスケアを必要とする者が急増しているという。そして、成果主義は「会社を潰す!」、「人と社会まで壊す!」と断言する。
 富士通や石川島播磨重工業などその典型例だと言う。
 2005年3月2日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 政治結社が昨年末に出していたライブドア・堀江貴文社長への「抗議文」。明日発売の『週刊新潮』が記事化の模様 | トップページ | NTTコム・鈴木正誠社長を糾弾する社員作成文書が出回る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/3145460

この記事へのトラックバック一覧です: わが国企業の「成果主義」は間違っている。“救済本”出る:

« 政治結社が昨年末に出していたライブドア・堀江貴文社長への「抗議文」。明日発売の『週刊新潮』が記事化の模様 | トップページ | NTTコム・鈴木正誠社長を糾弾する社員作成文書が出回る »