« <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)④堤義明逮捕で思う、“弱者”に強い日本のマスコミ | トップページ | やはり「武井商店」のままであることを証明した、近藤光代取専務の武富士社長就任 »

2005.03.14

大物事件屋を病院に見舞った野中広務元自民党幹事長

●小泉内閣打倒の密談か?

 つい最近、大物事件屋A氏を野中広務元自民党幹事長が、都内のG病院に見舞ったことが判明した。
 2人はかなり以前から、“差別問題”等を通じての知り合いだが、野中氏が見舞った一番の理由は、小泉内閣を打倒するためのスキャンダルを握っているとA氏に告げられてのことのようだ。
 そして、その内容とは、どうやら小泉首相とオリックスに関することのようだ。
 12_352オリックスの宮内義彦取締役兼代表執行役会長・グループCEO(以下、会長に略)といえば、竹中平蔵大臣と並ぶ、小泉内閣の大きな売りである「経済規制緩和」に関する最有力ブレーン。、小泉内閣の「規制改革・民間開放推進会議」委員長を務めるなどしている。
 しかしながら、その実態は、米国が日本に進出する上で有利な規制緩和の水先案内人に過ぎず、しかも、宮内氏の場合、ブッシュ政権に食い込んでいた大手エネルギー会社・エンロンが日本に上陸するに際し、オリックスと合弁会社を設立していた事実(もっとも、エンロン破綻で計画頓挫)からも察せられるように、自分がトップを務める一私企業・オリックスの利権とも絡ましているだけになおさら問題との指摘もある。
 2005年3月14日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)④堤義明逮捕で思う、“弱者”に強い日本のマスコミ | トップページ | やはり「武井商店」のままであることを証明した、近藤光代取専務の武富士社長就任 »

コメント

オリックスと闘っています。訴訟の相手は宮内義彦オリックス会長。株式会社フォーバルのウェブモール仮名を隠れ蓑にした架空リース事件でオリックスと闘ううち実はこの詐欺の手動がおりっくすではないかと気づきました。抗弁権の切断を主張しながら、実はフォーバルと資本関係があり、リースの知恵なしにはなし得ない犯罪なのです。すでに、佐藤ルッしさん馬淵澄夫さんにも相談中。訴訟では司法もオリックスを味方している節もあり面白い事件です。

仮名=仮名。  手動=主導。  佐藤立志。   異常文字化けのため返還ミスになりました。訂正いたします。

投稿: 叫び草 | 2006.06.27 18:35

オリックスと闘っています。訴訟の相手は宮内義彦オリックス会長。株式会社フォーバルのウェブモール仮名を隠れ蓑にした架空リース事件でオリックスと闘ううち実はこの詐欺の手動がおりっくすではないかと気づきました。抗弁権の切断を主張しながら、実はフォーバルと資本関係があり、リースの知恵なしにはなし得ない犯罪なのです。すでに、佐藤ルッしさん馬淵澄夫さんにも相談中。訴訟では司法もオリックスを味方している節もあり面白い事件です。

仮名=仮名。  手動=主導。  佐藤立志。   異常文字化けのため返還ミスになりました。訂正いたします。

投稿: 叫び草 | 2006.06.27 18:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/3301032

この記事へのトラックバック一覧です: 大物事件屋を病院に見舞った野中広務元自民党幹事長:

« <新連載開始>「NYから眺めたフジヤマ」byマイク・アキオステリス(日本通米ジャーナリスト)④堤義明逮捕で思う、“弱者”に強い日本のマスコミ | トップページ | やはり「武井商店」のままであることを証明した、近藤光代取専務の武富士社長就任 »