« 追加告訴の名誉毀損事件、武井保雄は起訴猶予 | トップページ | トンデモ判決の甲府信金“迂回融資”事件、控訴審開始。裁判長は和解を勧告 »

2005.02.06

☆ミニ情報

○ソニー生命に対する金融庁の検査に対し、都合の悪い内部資料を持ち出したり、先に検査を行った支社から「金融庁対策問答集」がファックスされ、口裏を合わせるなど、検査妨害をしているとの複数の証言あり。

○みずほ銀行に関する怪文書は、首脳の中国人女性スキャンダルに加え、人事に関する分と2種類あり。

○糸山英太郎元代議士の異母兄弟、佐々木史郎氏の経営するゴルフ場経営会社「東日本不動産」(東京都港区)が2月1日、民事再生法を申請。負債額は約96億円。

○民主党の若手代議士の父親、弁護士をやっているが、遺言に関する業務報酬を過大に取り、昨年末に業務停止2ヵ月の処分を所属弁護士会から受けていたことが判明。

○堤義明氏に対する東京地検の捜査、まずは2月中旬に強制捜査に着手し、そのブツ読みを経て逮捕とのシナリオの模様。

○同和対策事業特別措置法消滅(02年3月)で同和団体が力を失う一方、なぜかますます勢力を拡大しているのが、“同和”だからと実質、ここを通せば税務申告がノーチェックになるとされる、上田卓三元社会党副委員長率いる「ティグレ」(旧・中企連)。この好調さに目を付け、TV番組「朝生」などでもお馴染みの複数の出席者がおこぼれにあずかるべく雑誌創刊を提案中。
 2005年2月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 追加告訴の名誉毀損事件、武井保雄は起訴猶予 | トップページ | トンデモ判決の甲府信金“迂回融資”事件、控訴審開始。裁判長は和解を勧告 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/2830163

この記事へのトラックバック一覧です: :

» Hydrochloride tramadol. [Tramadol.]
Tramadol 93. Tramadol fda. Tramadol and depression. Tramadol. Tramadol for dogs. [続きを読む]

受信: 2007.07.14 02:46

« 追加告訴の名誉毀損事件、武井保雄は起訴猶予 | トップページ | トンデモ判決の甲府信金“迂回融資”事件、控訴審開始。裁判長は和解を勧告 »