« 自宅疑惑追及に、あろうことか、政治結社に“詫び状”まで出していたフジテレビ・日枝久会長 | トップページ | 本紙・山岡、「東京新聞」のブログ特集記事でコメントを求められる »

2005.02.27

4月からの武富士TVCM解禁を許した日本経団連

●日本経団連の活動自粛解除なしにはあり得なかったCM解禁

 武富士関係者からの情報提供によれば、この4月から、武富士のTVCMが再び放送されることがすでに社内では決定しているという。
 2月5、6日と、「2005 武富士 ジャパンシリーズ フリースタイル FIS ワールドカップ 猪苗代大会」(主催・ 国際スキー連盟)が開催され、久しぶりにテレビ場面に「武富士」の文字が躍ったが、これも、先立つ1月16日をもっての日本経団連の活動自粛解除あってこそ可能なことだという(本紙2月20日記事「何のための『厳重処分』導入なのか? 日本経団連、武富士活動自粛処分“解除”の不可解」参照のこと)。
「確かに、日本経団連の活動自粛は武富士のスポンサーやCM活動を禁止しているわけではありません。しかし、実質、その縛りになっていて、活動自粛が解除されない以上、武富士としては街角でのティッシュ配り以外、広告活動できない状態でした。それは、広告が顧客を呼ぶ大きな力になっている消費者金融業者にとってはたいへんなマイナス要因でした」
 ところが、1月16日をもって解除。もちろん、これにより4月からのTVCM解禁も可能になったというのだ。
 それにしても、なぜ、この時期の自粛活動解除なのか。
「自粛が始まってちょうど1年目を迎えようという昨年11月、武富士側から日本経団連に出向いて、解除をお願いしたんです。これまで1年以上も自粛になったケースはないので、“もう十分でしょう。コンプライアンスなども徹底してやる体制になっています”などと説明してですね。それで、これに日本経団連もシブシブながら応じたと聞いています」(前出・関係者)
 2005年2月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 自宅疑惑追及に、あろうことか、政治結社に“詫び状”まで出していたフジテレビ・日枝久会長 | トップページ | 本紙・山岡、「東京新聞」のブログ特集記事でコメントを求められる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/3105336

この記事へのトラックバック一覧です: 4月からの武富士TVCM解禁を許した日本経団連:

» 不動産会社 [不動産会社 : 不動産起業日記]
不動産起業日記... 私は昨年末からの約4ヶ月間に不動産競売物件を2軒取得しました... [続きを読む]

受信: 2005.03.02 16:12

» 屋山太郎氏が「労働組合がここまで政治に口出しする権利があるのか」と言っていますが、日本経団連は? [三途の川の手前より2]
 昨日の静岡新聞の「論壇」で、屋山太郎氏が「改革推進の新しい自民党」という文を書いています。その中で気になった箇所を抜粋します。  連合の笹森清会長は自民党で反対票を投じ、無所属で立つことになった候補者を「連合が支援する」と言明した。労働組合がここまで政治に口出しする権利があるのか。  (気になる箇所は他にもありましたが、今回はここだけ)  郵政民営化に反対する連合の主張がこれこれこういう理由でおかしい、というのならある程度納得するのですが、「労働組合がここまで政治に口出しする権利があ... [続きを読む]

受信: 2005.09.15 21:12

» Drug called cialis. [Cialis side effects.]
Free sample cialis. Buy cialis. Taking cialis. Cialis. [続きを読む]

受信: 2007.07.07 06:45

« 自宅疑惑追及に、あろうことか、政治結社に“詫び状”まで出していたフジテレビ・日枝久会長 | トップページ | 本紙・山岡、「東京新聞」のブログ特集記事でコメントを求められる »