« トンデモ判決の甲府信金“迂回融資”事件、控訴審開始。裁判長は和解を勧告 | トップページ | 元久存・武富士社長に証券取引法違反疑惑。松井証券元課長が実名・顔出しで告発 »

2005.02.10

三井住友銀行・西川善文頭取宅に出されていた、政治結社からの「質問状」

●旧住銀系列ノンバンクで20億円以上の過剰融資?

 12_225近く退任すると見られている西川善文・三井住友銀行頭取だが、本紙は、その西川頭取の東京都調布市の自宅宛に、昨年9月、武闘派として知られる政治結社から「質問状」が出されていた事実を掴んだ。
 関係者の証言等によれば、その内容は、三井住友銀行系ノンバンク「エスエムビーシーファイナンス」(旧住銀ファイナンス。現在は三井ファイナンスサービス、さくらファイナンスサービスと合併し、商号をSMBCファイナンスサービスに変更)が、都内に本社を置く一部上場不動産会社に対し、02年2月から03年3月にかけて行った総額40億円に関してだった(左上の謄本コピーを参照のこと)。
 東京都多摩市関戸の土地を担保にしての融資だが、政治結社は、この時価は20億円以下だとし、それにも関わらず、その倍もの融資を行ったのは、同土地の地目変更が行われた場合、地価が高騰することを当てにした「目論見融資」そのものであると言及、しかし、その目論見通りにはなり得ず不良債権化するのは必定として、過去のバブル経済崩壊をまったく教訓にしていないとして、西川頭取に見解を質している。
 また、相手が一部上場企業なのに、三井住友銀行が直に融資しなかったのは、同行が「過剰融資」、「目論見融資」であることを認識していたからこそではないのかとも、言及している。
 さらに、この件で金融庁にその是非を問い質したところ、後日、担当官より同行に対し、行政指導を行った旨の回答を得たとも述べている。
 2005年2月10日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« トンデモ判決の甲府信金“迂回融資”事件、控訴審開始。裁判長は和解を勧告 | トップページ | 元久存・武富士社長に証券取引法違反疑惑。松井証券元課長が実名・顔出しで告発 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/2867827

この記事へのトラックバック一覧です: 三井住友銀行・西川善文頭取宅に出されていた、政治結社からの「質問状」:

« トンデモ判決の甲府信金“迂回融資”事件、控訴審開始。裁判長は和解を勧告 | トップページ | 元久存・武富士社長に証券取引法違反疑惑。松井証券元課長が実名・顔出しで告発 »