« 廣済堂、葬儀事業見直し? | トップページ | 元首相夫人の不倫相手が判明 »

2005.01.27

弁護士会も注目。記者クラブ制度のフリーランス差別

12_165●フリーライター仲間の寺澤有氏、弁護士会広報誌に記事執筆

 第二東京弁護士会発行の広報誌「二弁フロンティア」(05年2月号)の連載、「記者の目」に、フリーライター仲間の寺澤有氏が、記事を執筆した。
 そのタイトルは、「傍聴取材ができない!」。
 本紙では、過去、何度か記者クラブ制度におけるフリーランス差別の問題を取り上げて来た。
 04年12月27日付け「『記者クラブ制度』を考える訴訟、第1回公判開催。寺澤有氏、意見陳述の中身」記事もその一つ(他の関連記事も、当HPトップ画面左のカテゴリー欄「報道・マスコミ」をクリックすれば閲覧可)。
 だが、記者クラブが仕切るマスコミ世界では、当然ながら、これまで黙殺されて来ていたのが現状だ。
 2005年1月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 廣済堂、葬儀事業見直し? | トップページ | 元首相夫人の不倫相手が判明 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/2712464

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士会も注目。記者クラブ制度のフリーランス差別:

» フリーエンジニア初めての現場 [フリーエンジニアになる]
私はこの業界に入って半年で独立しましたが、今振り返ってみると良かった点、反省する点などたくさんあります。そこで、今からフリーエンジニアになる予定のある方や、検討されている方に少しでも参考になればと思い、フリーエンジニアになりたての頃にどんな事をしてい...... [続きを読む]

受信: 2007.05.22 07:47

« 廣済堂、葬儀事業見直し? | トップページ | 元首相夫人の不倫相手が判明 »