« トンデモ判決の甲府信金“迂回融資”事件、控訴審いよいよ開始へ | トップページ | »

2005.01.23

刑事告発された自衛隊幹部が草案した憲法改正案の内容

12_16112_16212_163●田英夫参議院議員等が自衛隊法違反で東京地検に

 元防衛庁長官で、自民党憲法改正案起草委員会座長(当時)の中谷元代議士から依頼を受けて憲法改正案を作成した問題で、1月20日、田英夫と大田昌秀の両参議院議員(社民党)は、その自衛隊幹部を東京地検に告発した。
 告発されたのは、陸上自衛隊幕僚監部防衛部防衛課防衛班に勤務していた、吉田圭秀陸上自衛隊二佐。
 吉田二佐は、04年10月15日、中谷代議士から電話で依頼を受け、10月22日、勤務中の防衛庁から同庁のファックスを使用して3枚の資料(左上写真)を送付した。
 自衛隊員は自衛隊法第61条1項によって、選挙投票を除く他、政令で定める政治行為をしてはならないとしているが、これに違反するもので、厳重処罰を求めるとしている(最高刑は3年以下の懲役。ただし、下限に罰金刑はない)。
 2005年1月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« トンデモ判決の甲府信金“迂回融資”事件、控訴審いよいよ開始へ | トップページ | »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/2665329

この記事へのトラックバック一覧です: 刑事告発された自衛隊幹部が草案した憲法改正案の内容:

« トンデモ判決の甲府信金“迂回融資”事件、控訴審いよいよ開始へ | トップページ | »