« 横浜地検が動き出した。神社本庁を巻き込む背任疑惑 | トップページ | NHK番組改編問題渦中に起きた、安倍晋三代議士事務所投石事件 »

2005.01.21

吉本興業・林裕章会長死去で、吹き出しそうな創業家ファミリー疑惑

12_166●吉本興業と林ファミリー企業との関係

 吉本興業の林裕章会長(62)が年明け早々の1月3日、肺がんで死去したのはご存じの通り。
 林会長はバブル時代、多角化を図って来た吉本興業の経営方針を改め、本業のお笑い強化を図り、それが吉本興業の発展に大きく寄与したとの見方が大勢で、その評価は高い。また、さっぱりした性格で、人望もあったようだ。
 だが、林会長の死去と共に、社内と周辺から、創業家・林ファミリーに対する見方が厳しくなっているという。
 林会長は、林ファミリーといっても、今日の「吉本王国」を築いた故・林正之助元吉本興業会長の娘婿、要するに婿養子。関係者によれば、未亡人になったマサ夫人の尻に敷かれ放しだったという。
 その林ファミリーは、東証1部に上場したいまも吉本興業に対し大きな力を持っている。
 吉本興業の筆頭株主は「大成土地」(10・01%)。その他、大株主に「大成建設」の名もある。
 これだけ見ると、「大成土地」もスーパー・ゼネコン・大成建設の関連会社と思われるかも知れないがそれは間違い。実は林ファミリー企業なのだ。
 なぜ、こんな名前になったのかは不明だが、正之助会長が91年4月に亡くなった際、裕章会長夫婦と孫の3人に総額32億円の相続税が発生。その大半が「大成土地」名義で持っていた吉本興業株で、「株は持ち続けろ」という元会長の遺言に従ったことから、現金化できず、ローンを組んで相続税を払うことにしたことでも明らか。
 その「大成土地」は吉本興業の関連会社(約24%所有)でもあり、正之助元会長は亡くなるまで同社代表も務めていたし、現在も一族で、吉本興業の取締役相談役(元専務)を務める林英之氏が代表を務めている。
 今回、漏れ伝わって来た疑惑の1つは、この「大成土地」は吉本興業の不動産の多くを所有しているのだが、そのビル内にパチンコやラブホテルを経営する林ファミリー企業が優先的に入居するなど、吉本興業と林ファミリー企業の公私混同ぶりに関することだ。
 
●林ファミリーと関西広域暴力団との関係
 
 また、マサ未亡人は、現在、吉本興業で制作営業統括本部次長を務める息子の正樹氏(33)を近い将来、社長に据えたい野望があるといわれるが、先のような公私混同ぶり、また、未亡人のとかく傲慢な態度も災いしてか、社内ではこの動きに対して大きな反発があるともいわれる。
 さらに、こんな情報も出て来ている。
 2005年1月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 横浜地検が動き出した。神社本庁を巻き込む背任疑惑 | トップページ | NHK番組改編問題渦中に起きた、安倍晋三代議士事務所投石事件 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/2650639

この記事へのトラックバック一覧です: 吉本興業・林裕章会長死去で、吹き出しそうな創業家ファミリー疑惑:

« 横浜地検が動き出した。神社本庁を巻き込む背任疑惑 | トップページ | NHK番組改編問題渦中に起きた、安倍晋三代議士事務所投石事件 »