« 2004年11月7日 - 2004年11月13日 | トップページ | 2004年11月21日 - 2004年11月27日 »

2004.11.20

三澤千代治氏からトヨタ・張社長への手紙③

●未だにお返事を戴けませんことに……
 2004年11月20日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.19

三澤千代治氏からトヨタ・張社長への手紙②

●トヨタが竹中大臣に対し、資金的にバックアップ?
 2004年11月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.18

三澤千代治氏からトヨタ・張社長への手紙①

●自動車産業は、毎年11万人もの氏を招来

 前日に続き、今度はトヨタ自動車・張富士夫社長への手紙を紹介する。
 張社長へは、計3通出されている。
 なお、ミサワホーム創業者の三澤千代治氏は、各人に連絡ないし返事を請うている。しかし、関係者によれば、奥田硯会長同様、張社長からも一切返事はないようだ。
 2004年11月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.17

これが三澤千代治氏がトヨタ自動車・奥田会長に出した手紙全文

●大スポンサーのトヨタに配慮し、またしても大手マスコミは沈黙

 いまから約8時間後に、本紙・山岡が告訴した武富士盗聴事件の一審判決が下る。
 この時も、大手マスコミは大手広告主である武富士に配慮し、武井保雄前会長が逮捕されるまで、どこもこの事件を報じなかったが、またまた同じ現象が起きている。
 トヨタ自動車、それに竹中平蔵大臣、UFJ銀行が深く関与する、UFJの大口不良債権先であるミサワホームの処理を巡っての、極めて恣意的な暗躍についての疑惑に関してである。
 本紙はミサワホームの創業者で、前会長の三澤千代治氏がこの三者の関係に言及した手紙を、独自ルートでいち早く入手、すでに「竹中大臣とトヨタとの癒着を示す手紙を入手」(04.11.05)、「竹中大臣とトヨタとの癒着を示す手紙②トヨタの張社長にも出されていた手紙の驚愕内容!」(04.11.07)と2度に渡り取り上げている。まだ読まれていない方は、是非そのバックナンバーにも目を通していただきたい。
 極めて重要な問題と思われることから、その後、本紙・山岡はいくつかの大手マスコミに記事掲載を打診した。しかし、相手は利益1兆円という世界でも有数の大スポンサーのトヨタ、おまけに、未だに国民の人気が高い竹中大臣も深く関わっているとなっては、大手マスコミが躊躇するのは無理ないかも知れない。ともかく、どこからも掲載を断られてしまったのだ。
 そこで、本紙はささやかなHPなれど、問題の手紙の全文をここに公表することにした。
 2004年11月17日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武富士前会長、武井保雄に懲役3年(執行猶予4年)の判決

●法人の武富士にも最高刑量の100万円の罰金

 本日午前10時、本紙・山岡を盗聴、さらに名誉毀損した武井保雄被告に対する一審判決が言い渡された。同時に、法人としての武富士にも、盗聴に対する上限である100万円の罰金が言い渡された。
 この判決に対する評価は、追ってメディア批評誌『創』(12月7日発売)に手記を寄せるので、そちらを見てもらうとして、ともかく、判決要旨コピーを以下、掲載する。
 2004年11月17日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.11.14

安倍幹事長代理スキャンダルを知る人物、襲われる!

 本紙が何度も報じている安倍晋三幹事長代理の北海道霊園疑惑、何とこの情報を握る人物が、本紙の協力者と間違われ、昨年暮れ、自宅前で襲われて金属バットで殴られ、全治2ヶ月の重傷を負っていたことが判明!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病院利権が原因?

 10月24日、白昼の浅草ビューホテルで起きた山口組系貴広会VS住吉会系三代目中村会の射殺事件、発端は病院乗っ取りの新田グループが絡む利権争いの模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不払いで、倒産した建設会社社長が反撃?

 テレビCMもやっている有料老人ホーム大手のB社オーナーに、3億円以上の巨額裏金疑惑。近く告訴の動きも。それにしても、こんなトンデモ会社のCMを出しているテレビ局もどういうつもりなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小泉首相“レイプ疑惑”に有力証言者登場?

 小泉首相のレイプ疑惑など一連のスキャンダル握る有力証言者現わる。神奈川県内の港湾関係者、大手製薬会社関係者などの名も。次々、疑惑勃発か?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

杉野学園、関係者が近く刑事告発へ

●補助金カットが25%だけで済んだのは、監査法人の「所見」のお陰

 本紙は、これまで何度か杉野学園(東京都品川区。中村賢二郎理事長)の疑惑を報じてきた(10月17日、19日、31日)。
 本来、巨額の使途不明の仮払金が発覚したため、補助金100%カットのところ、監査法人が巨額の報酬提供に目が眩んで前向きな「所見」を出したこと、また、文部科学省から天下った中村理事長の対文科省への“根回し”も功を奏した結果、25%だけのカットで済んだのではないかという補助金詐欺疑惑だ。
 問題の監査法人は、出した「所見」について、「仮払金の圧縮等について前向きな所見を述べたものではない」として関与を否定している。
 だが、本紙はそれがいかに欺瞞に満ちたものであるかを物語る内部資料を入手した。
 2004年11月14日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菱和ライフクリエイト疑惑の原点、「木利屋ビル」利権巡るチャート図入手

●新橋駅近く、レンガ通りの角地が疑惑の原点

 新橋駅を蒸気機関車前広場の方に下り、レンガ通りを田町方面にほんの数百M歩くと、右手の角地が更地になっており、そこにプレハブ小屋が複数立っている場所が目に入る。周りは、木の柵で囲われている。
 ここが、本紙でも何度か報じている「菱数ライフクリエイト」という不動産関連上場企業(東証2部)の疑惑の原点になっている土地である。
 ここには、かつて「木利屋ビル」というビルが建っていた。
 2004年11月14日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月7日 - 2004年11月13日 | トップページ | 2004年11月21日 - 2004年11月27日 »