« 2004年10月10日 - 2004年10月16日 | トップページ | 2004年10月24日 - 2004年10月30日 »

2004.10.23

裁判所は権力の手先か? 呆れた甲府信金訴訟判決

●債務者と銀行側が連携した、不良債権回収のための犯罪の可能性大

 それにしても、驚くべき解釈と言わざるを得ない。
 この裁判官は単なる勉強不足なのか、それとも、常識というものを知らないのか?
 判決文に目を通していて、思わず目を疑った。
 本紙は10月10日付「甲府信金訴訟、請求棄却」記事で、ある債務不存在確認請求訴訟の判決を取り上げた。
 その後、敗訴した原告の一人である古屋芳子さんに「判決文」を郵送してもらい、いかなる理由で敗訴したのか、じっくり目を通してみたのだが、ここまでひどい判決もそうないのではないか。
 この訴訟に本紙が興味を持ったのは、未だ不良債権処理に苦しんでいる銀行は、水面下で、不良債権を少しでも減らすため、債務者と手を組み、債務者と知り合いの資産家の実印を預かったり、言葉巧みに白紙の融資申し込み書に署名・捺印させるなどして、その知り合いが知らない間に勝手に同行から融資を受けさせ、その融資金をそっくり債務者が引き出し返済に当てるという、とんでもない犯罪を行っている可能性があり、この訴訟案件はその典型例と言えそうだからだ。
 もちろん、資産家には不動産があることが必須条件。極論すれば、この手口で例えば1億円融資すれば、その融資分は手を組んだ債務者からそっくり1億円戻り、しかし、表面上は返済されてないから、知り合いがキチンと返済すればそれも良し、返済が滞れば不動産を競売にかけて満額回収――つまり、融資額の2倍回収できる美味しい詐欺話の可能性があるのだ。
 2004年10月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.22

西武鉄道利益供与事件の真相?

●大手右翼団体元幹部の言いがかりが発端か

 西武鉄道の有価証券報告書虚偽記載が明るみに出たことで、同社の体質を知る上でも、この春に起きた利益供与事件の契機が注目を集めている。
 この事件、騒がれたわりには、結局、総会屋の芳賀(故人)が何をネタに西武側を脅し、安値で土地の提供を受けたのか、取材記者の間でも疑問の声仕切りだった。
 こうしたなか、「読売新聞」がこの10月11日付で報じた「追う」と題する特集記事が、関係者の間で話題になっている。
 右翼団体元幹部が記者に会い、芳賀が握った西武側の恥部につき、詳細に語っているからだ。
 同記事によれば、当時の最高幹部(堤義明氏と思われる)が83年ごろ、ヘリコプターで神奈川県内の霊園を訪ねたが、この霊園にやはり親族の墓を持つ取材に応じた右翼団体元幹部自身が、「墓の上を騒がしく飛びやがって!」と言いがかりをつけたのがそもそもの契機だという。
 2004年10月22日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武富士の「和解文書」をスッパ抜く

●単行本編著者弁護士3名を告訴しながら、裏で和解案を提示していた武富士

「武富士の闇を暴く」(武富士被害対策全国会議。発行・同時代社。本紙・山岡も執筆者の1人)という、武富士の悪辣な手口を公開した(過酷なノルマ、上司からの罵倒、社員による借り手に対する債務保証、過剰貸付、違法取立など)単行本の編著者である今瞭美弁護士ら3名が、武富士側に訴えられ、訴訟が進行していることは、本誌04年10月9日付「『武富士』前会長・武井保雄出廷せず」記事でもお伝えした通り。
 その記事で、武富士が告訴した目的は、単行本の記事内容云々より、反武富士派の弁護士潰しが目的だった可能性大だと述べた。
 冒頭の文書コピーは、その後、訴訟が進む中で、盗聴事件等で武井保雄被告が逮捕され、また法人としての武富士も被告となるなか、弱気になった武富士側が反武富士弁護士側に裏で和解を打診、その余りのしつこさに、ならば、ともかく出すだけ出してみようと、武富士側にとっては“無条件降伏”に等しい和解案を出したところ、それに武富士側が返答して来た文書(ただし、その後、和解交渉は決裂している)。

●不当に弁護士活動を妨害していたことを認める!?

本紙はさる筋からその極秘文書を入手することに成功した。
その内容を見ると、まさにこの訴訟提起が嫌がらせ以外の何者でもなかったことがよくわかる。
 2004年10月22日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.19

杉野学園理事に、今度は学園資金流用疑惑

●前経理部長が質問状を提出

 ドレスメーカー学院などを抱える「杉野学園」が揺れていることは、本紙でも既報(森英恵氏が名誉院長を辞任)の通りだが、またまたとんでもない資料を入手した。
 上に掲げたのは、同学園の元経理部長が学園側に出した質問状のコピーの一部分である。日付は今年6月17日(ただし、この部長は現在、学園側から不正利得返還請求訴訟を提起され、係争中)。
 同学園の理事長を務める文部省キャリアから天下った中村賢二郎氏に補助金詐欺疑惑が出ているが、トップがトップなら、その側近も側近ということか。その側近の白井理事から02年6月ごろ、ロシアに出張時、現地のロシア人通訳に車を貸与できないかと相談され、いろんな問題があるとして出来ないと答えたことがあるのだが、その後、その忠告を無視して車を購入したとして、いかなる出金扱いになっているのかと、学園での私的流用疑惑について問い質しているわけだ。
 2004年10月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天、三木谷社長のスキャンダル勃発か

 大手週刊誌が、楽天・三木谷社長のスキャンダルを聞きつけ、裏づけに動いている。
 万一、その疑惑が事実とすれば、刑事事件にも問われかねないだけに、具体的には記せない。
 2004年10月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.10.18

西川頭取、金丸系企業から利益供与!?

●相手会社は、金丸脱税事件で捜査対象

 三井住友銀行の西川善文頭取に関し、とんでもない事実が判明した。
 2004年10月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武鉄道の虚偽記載公表は本当に自主的だったのか?

●闇人脈に脅され、止む無く公表か?

 全国紙記者は、専門チームを作り、現在、西武鉄道がなぜ有価証券報告書の虚偽記載を公表したのか、その真相究明を進めている。
 それはそうだろう。
 西武鉄道は、上場廃止基準に抵触する80%以上の株式を上位の大株主10社、取締役、それに自己株式併せて所有し続けていたのだ。しかも、大株主のコクドとプリンスホテル所有分は、1200もの個人名義の“借名”で持って、実際の所有比率より大幅に少ない所有とされていたのだ。その手口は実に計画的といわざるを得ず、意図的であることはまず明らか。それだけ、上場廃止の可能性大なのだ。
 2004年10月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月10日 - 2004年10月16日 | トップページ | 2004年10月24日 - 2004年10月30日 »