« 2004年10月3日 - 2004年10月9日 | トップページ | 2004年10月17日 - 2004年10月23日 »

2004.10.10

甲府信金訴訟、請求棄却

●銀行犯罪を擁護する裁判所

 04年10月6日、山梨県甲府地裁で一つの判決が下された。
 原告は山梨県内の「まるいちストア」の経営者・古屋嗣雄氏(81歳)と、長女・芳子さん(51歳)。
 被告は地元の甲府信用金庫。
 原告は、自分たちの預かり知らないところで融資が実行されていたとして、融資残高の約4000万円の債務の不存在の確認を求めていた。だが、裁判所は請求を棄却した。
 山岡はひょんなことから、原告の一方の芳子さんと知り合い、この間、事情を聞いていた。
 確かに、書類上、融資を受けたのは原告。しかし、実際には原告は融資が行われていたことをまったく知らなかった。親しくしていた男性(01年死亡)が、原告の印鑑を預かり、勝手に融資を受け、すべて自分が使っていたものと思われる。当初、この男性は返済をしていたため、原告側は気づかなかったが、融資が滞ったことから表面化した。
 2004年10月10日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新手の闇金手口にご注意!

●ここまでやるか? プロミスの完全パクリ!

 いやはや、まさにここまでやるか、である。
 写真は、DMなのだ。
 こんなDMが、現在、関東で大規模にバラ撒かれている。
 しかも、普通、こういうDMと言えば、サラ金利用者、すでに闇金に手を出した多量債務者宛というのが相場だが、このDMはサラ金で借りていない者、なかでも、かなりがとかく世間知らずの多いご老人宅に出されているというから聞き捨てならない。
 これでは、新手・変形のオレオレ詐欺ではないか。
 2004年10月10日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「政財界」が山岡を刑事告訴!?

●山岡を誹謗中傷する第5弾記事である

 月刊「政財界」(政財界出版社。本社・東京都港区。代表・恩田要葉一郎)が、またまた山岡を誹謗中傷する記事を出した。これで5ヶ月連続である。
 事情を知らない読者のために少し説明すると、武富士盗聴事件で一躍“正義のヒーロー”(山岡が言っているのではない。「政財界」側の文言)になった山岡は、実はとんでもないブラック・ライターという内容。その実例として、山岡が武井保雄前会長を刑事告訴する証拠資料となった内部資料を、何と裏で山口組関係者に5000万円で売却していたから、警察は即刻、逮捕せよという内容。
 もちろん、証拠などただの一つも示していない。
 事実無根だから当然だが、読者のなかには、写真のように、本格的体裁を取った雑誌が書くのだから、「火のないところに煙は立たない」と思われるかもしれない。一般常識から知れば、当然の疑問である。
 だが、世間にはこうした常識が通用しない人種が生息する。
 2004年10月10日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが故・三塚元蔵相の借用書!

●暴力団から脅され、もみ消し代を借りた疑惑も

 冒頭の写真をご覧いただきたい。
 小泉純一郎首相の出身派閥、旧三塚派(現・森派)のトップだった御仁が借りた、あるいは、連帯保証した借用書コピーの写真である。
 山岡は「東京アウトローズ」編集長時代、東京都世田谷区内の三塚氏の豪邸売却を巡るトラブルに続き、この事実をいち早くスッパ抜いた。
 もっとも、メールマガジンという性格上、写真を載せるのは厳しく、控えた。しかし、HPなら写真掲載も容易という特性から、今回、公表することにした。
 なぜ、故・三塚氏はこのような借金を負わなければならなかったのか(03年11月の死去後、未返済ないし連帯保証人であることから支払いを求めて訴訟を起こされ、表面化した)。
 地元・仙台の旧後援者が貸し手であり、事情通によれば、その一部は、暴力団関係者と親交する場面をビデオ撮影され、公表すると脅され、そのもみ消し代として借りた分だという。
 2004年10月10日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月3日 - 2004年10月9日 | トップページ | 2004年10月17日 - 2004年10月23日 »