« 検察審査会、武井前武富士会長を不起訴相当と議決 | トップページ | ソニー生命役員の特別背任疑惑、金融庁が複数の元・現役員と接触 »

2004.12.18

右翼団体「正気塾」幹部等逮捕は「飯島秘書官襲撃計画」の別件逮捕?

●11月1日の大手ゼネコン「大成建設」発砲事件もその連携行動? 

 本紙は04年12月10日、「右翼団体・正気塾幹部等逮捕は、ナベツネの報復か!?」なる記事を載せた。
 そこでは、この他、武富士、サントリー絡みの可能性についても触れたが、その後、「正気塾」(本部・長崎市)関係者の証言などから、少なくとも正気塾側では、「飯島秘書官襲撃計画」絡みの別件逮捕の可能性を考えていることが明らかになった。
「1年半も前の街宣なんですから、別件であることは明らか。ガサ入れは実に20カ所近くにも及び、パソコンやファックスの機械まで押収していった。鹿児島(指宿市)で開催される日韓首脳会談(12月17、18日)では、現地で抗議の街宣を予定していたから、それに対する事前拘束も兼ねてかも知れない。いずれにしろ、北朝鮮絡みの不当弾圧だ」(関係者)
 「飯島秘書官襲撃計画」に関しては、上記に掲げた、12月8日発売の『週刊ポスト』記事が詳しいのでこれに譲るが、簡単にいえば、この10月末、わが国ゼネコン10社が利権絡みで北朝鮮を訪問する計画があったことから、拉致家族問題が解決しないなか、その行動に複数の右翼団体が激怒、そのコーディネートをしたとされる飯島勲・総理主席秘書官襲撃計画を練っていたというもの。ただし、実際には飯島氏はコーディネートしておらず、また、この計画は時節柄、中止となった(ただし、数社が個別に訪朝している模様)ことから、襲撃計画も中止されたという。
 ただし、この幻の計画が信憑性を増すのは、実際、11月1日朝、東京都新宿区内の大成建設本社に大行社構成員が侵入し、拳銃1発を発射する事件が起きている事実。彼は、まさに北朝鮮への大手ゼネコンの視察への抗議としてやったと供述している。
 2004年12月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 検察審査会、武井前武富士会長を不起訴相当と議決 | トップページ | ソニー生命役員の特別背任疑惑、金融庁が複数の元・現役員と接触 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/2300638

この記事へのトラックバック一覧です: 右翼団体「正気塾」幹部等逮捕は「飯島秘書官襲撃計画」の別件逮捕?:

« 検察審査会、武井前武富士会長を不起訴相当と議決 | トップページ | ソニー生命役員の特別背任疑惑、金融庁が複数の元・現役員と接触 »