« 杉野学園、「スルガコーポレーション」(東証2部)も関わった日野市グラウンド売却で地元住民が市長に抗議文 | トップページ | 包装容器事業のN社、事件化見送りに »

2004.12.30

武富士1億円恐喝未遂事件、趙万吉氏に二審も実刑

●一審同様、懲役1年8ヶ月の判決

 12月27日、趙(大塚)万吉氏の控訴審判決があり、東京高裁は一審の懲役1年8ヶ月の判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。
 もっとも、この事件、一審判決が出た際、メールマガジン「東京アウトローズ」(当時、山岡が編集長を務めていた。現在は無関係)で本紙・山岡がレポートしているように、武富士と癒着関係にある警視庁新宿署が、内部資料を持ち出した元社員、さらに以前から武富士の不正を追及していた趙氏を狙い打ち、あわよくば、本紙・山岡まで逮捕すべく“作った”事件であることを思えば、一審判決が有罪であることは当然だった。しかも、実刑となった以上、控訴審はかたち上、三審制を建前にしている故のセレモニーに過ぎず、当初から一審判決が覆られないことは十分に予想された。
 だが、趙(大塚)氏は意地で控訴。ただし、さすがに上告しても門前払いは確実のため、不本意極まりないものの服役する見込み。となれば、来年夏に出所になるのか。
 この事件が不可解なことは、この間、趙氏はまったく保釈が認められず、昨年5月末の逮捕以降、これまで1年半も未決にも拘わらず囚われの身になっていること1つとっても明らかだろう(他の逮捕者全員、とっくに執行猶予判決が下っている)。これは武富士との癒着故の政治マターであると共に、これまで趙氏が警察を含む権力犯罪をマスコミを使って告発して来たことに対する意趣返し、公安マターでもある故と見なければまず説明がつかない。
 以下、関連する「東京アウトローズ」記事も再掲載しておく。

●武富士1億円恐喝未遂事件の大塚万吉被告が控訴(04年10月3日号)

 8月25日、1年8カ月の実刑判決を受けた大塚(趙)万吉被告が、控訴していたことが判明した。
 この実刑判決がいかに不可解なものであるかは、本誌も、この8月28日付WEB速報版でお伝えした通り。
 大塚被告も、実質、事件の「首謀者」と断罪されたことは到底納得できないとし、逆に、この事件がいかに武富士によって作られたものか徹底して証明して行く模様。大塚被告は現在も保釈か許可されず、すでに1年3カ月余りも勾留されている。一審判決を受け入れれば後9カ月余りで自由の身になるが、控訴した結果、その審議分、勾留期間はまるまる延びることになる。それにも拘わらず敢えて控訴に踏み切ったことでも、その思いの強さが忍ばれる。
 一審では、弁護士が無能で、結審直前に弁護士交代する一幕も。万全の体制で臨むという控訴審では、武富士側が驚く事実が暴露される可能性もあり、目が離せそうにない。
 2004年12月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 杉野学園、「スルガコーポレーション」(東証2部)も関わった日野市グラウンド売却で地元住民が市長に抗議文 | トップページ | 包装容器事業のN社、事件化見送りに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/2413255

この記事へのトラックバック一覧です: 武富士1億円恐喝未遂事件、趙万吉氏に二審も実刑:

« 杉野学園、「スルガコーポレーション」(東証2部)も関わった日野市グラウンド売却で地元住民が市長に抗議文 | トップページ | 包装容器事業のN社、事件化見送りに »